みま創業塾で、講師をさせていただきました。

 

事業計画の作成がテーマでした。

 

創業関係のセミナーは、オンラインが続いていたので、

リアルな研修は久しぶりでした。

みま創業塾

13人ほどの方に向けての講義。

 

今回、僕が伝えたのは、

プレゼンテーション資料の作り方

事業コンセプト

顧客ニーズと顧客コンセプト

理念と戦略

創業する人へのエール

いつも伝えている内容ではありますが、

少しづつ変えながら、

僕も成長しているはず。

 

終わってから、

数人の方とお話させていただき、

「いろんなヒントになりました。」

というお言葉もいただきました。

 

創業には、

決まった型はないと思っているので、

そう言っていただけるのが、一番嬉しいかも。

 

参加していただいた方達の

これからに

少しでもヒントになっていれば、何よりです。

 

みま創業塾のwebサイトです。

https://r.goope.jp/tsci3300/info/3547468

 

GO TO トラベルを使って、

徳島のホテルに宿泊しました。

 

徳島市からは、最も時間がかかるかもしれない、

東祖谷にある、

いやしの温泉郷ホテル。

 

まあまあ時間がかかるので、

泊ってもいい距離ではあるのですが、

普段は、県内なので、

泊まりで行く感じではないのです。

 

今回は、GO TO トラベルもあるので、

宿泊しました。

 

泊ってみると、

徳島のホテルも頑張ってるんだなって、

つくづく思います。

 

料理に、

徳島らしさがちりばめられていて、

美味しい。

 

いやしの温泉郷の食事1

 

いやしの温泉郷の食事2

いやしの温泉郷の食事3

いやしの温泉郷の食事4

いやしの温泉郷の食事6

いやしの温泉郷の食事7

いやしの温泉郷の食事9

 

 

お腹いっぱい。

 

温泉も、湯温は低温ながら、

湯上りにはポカポカでした。

 

前に、徳島応援キャンペーンで

徳島市内の

阿波観光ホテルに泊まった時も感じたのですが、

観光業の方は、

しっかりと、徳島を宣伝してくれているんだなと思います。

 

コロナ禍になって、

始めて気づくこともあるんだなと・・・。

 

いやしの温泉郷の廊下から

いやしの温泉郷の内観

とても良い滞在になりました。

 

そこから行った、かずら橋も

紅葉の中、美しい姿を見せてくれました。

かずら橋

かずら橋を渡って

 

徳島市の国府町で行われている、

こくふ★まんぷくマラソン

 

こくふまんぷくマラソンのチラシ

 

コロナ禍で、

各地の商工会や商工会議所で、

地元の飲食店などを応援する取り組みが行われていると思います。

 

国府町の商工会に、僕が携わらせていただいたことを

きっかけに、

「こくふ★まんぷくマラソン」

を知って、

週1回ほどのペースで楽しんでいます。

 

こんな近くの町に、

知らなかった飲食店が、こんなにあるんだ

というのが率直な感想です。

 

お好み焼きひなた

フジムラコーヒ

 

新たな飲食店を知り訪れる、いい機会になっています。

 

訪れた飲食店でスタンプをもらい、

それを5個集めると抽選で1,000円の食事券、

10個だと2,000円相当の商品

全部の20個だと、10,000円の食事券

という仕組みです。

 

僕は、5個は集めたので、

次の10個集められるかどうか。

 

SEANA

MIKUNIEN

天然酵母パンくまごろう

 

こくふ★まんぷくマラソンの取り組みは、

11月1日までですが、

各地で、こういう取り組みが行われているかもしれないので、

調べて、参加してみるのも楽しいかもですね。

中華そばくろすけかまだ

セルフうどんやました

卵かけご飯専用器具

「ときここち」を手に入れ、使ってみました。

 

卵かけご飯専用器具ときここち

 

卵を溶くときの

黄身と白身が完全に溶ききれない悩みを解消できる。

 

と聞いたとき、

そんな悩み、ないんだけどな〜

と、(・・? だったのですが、

 

先日、オンライン飲み会で、

製作者と、ご一緒する機会があり、

再度説明を受け

モノは試しと、取り寄せてみました。

 

1回目、

想像したように混ざらない。

 

卵とき第1回

(見た目、白身の感じは残ってしまう。)

でも、食べてみると、白身のニュルニュル感が全くなく、

とても美味しい。

 

2回目、

1回目よりうまく混ざってきた。

錦糸卵にしてみたら、

均一感があって美味しい。

 

ときここちでの錦糸卵

 

3回目〜

普通にかき混ぜてみたら、結構うまく混ざってきた。

白身も、かなり分解され、混ざっている。

味もとても美味しい。

 

ときここちで混ざった様子

 

という感じで、

確かに、

黄身と白身が完全に溶ききれない悩みを解消できました 笑

 

ときここちでの卵かき混ぜ

 

一度使いだすと、

お箸で卵を溶く生活には戻れない。

「ときここち」はとっても大事になってきます。

何せ、黄身と白身がきちんと混ざった食感や味は、

とても、口の中を心地よくしてくれます。

 

使い方の一つとして紹介されている、

カルボナーラ風うどんも、次は作ってみたいなあ。

 

興味ある方は、

トネ製作所さんのwebサイトへどうぞ。

ここで、お取り寄せできます。

https://www.toki-cocochi.com/index.html

 

 

 

 

 

Osanpo Kitchen Cafeでお昼を食べました。

 

5周年ということで、

「ありがとう」の感謝のお品をいただきました。

お米が美味しいと良く言ってくださるので、

そのお米を感謝の品としてお渡しすることにしましたとのこと。

ブランド米「ピカマル」だそうです。

 

5周年との記念品

コロナの影響で、一時は、集客どうなるんだろうと思ったそうですが、

今日なんかは、満席。

 

身体に良い信頼できる材料を使った、

本格的な味のランチを、一流のシェフが提供するお店。

品物ごとに、違ったお皿に盛り合わせることにこだわっていると聞いたことがあります。

そして、そのそれぞれのお皿も、料理を引き立てています。

 

なので、

お客様も待ち望んで、集まっているのだと思います。

 

OSANPOカフェの食事

 

オープンする前の年、

オーナーとシェフで、起業の相談に来られたことがありました。

その時は、

ターゲットとやりたいことがばらばらでまとまっていないように思いますという様なことを

伝えたのですが、

その時には起業を一旦延ばしてしまいました。

 

「わっ、言い過ぎたのかな」

と心配していたのですが、

創業塾で勉強し、構想を再度まとめ直し、

翌年、開業にこぎつけました。

 

あの時、まとまっていなかった、やりたいことは、

こういうことだったんだなと、

実現している姿に感動したのを覚えています。

 

知り合いの診断士が、

ヒアリングでこの店を訪れた時、

「診断士の長尾さんには、開業の時お世話になったんですよ」

と言ってたよと聞かされたときは、

感慨ひとしおでした。

 

そんなことが、

5周年と聞いて、

思い起こされます。

 

Osanpo Kitchen Cafe のfacebookページです。

 

 

Go To Eatの利用をしてみました。

 

わたなべ精肉店でのランチ利用

徳島県では、Go To Eatがランチで使えるところは、

まだあまりないように思います。

わたなべ精肉店は、夜だけの営業だったところ、

9月1日から、ランチ営業をする案内をもらっていたので、

Go To Eat使えるかもとチェックしてみたら、

バッチリ、対象店舗になっていました。

 

特選ビーフステーキ丼を注文しました。

何と千円です。

 

わたなべ精肉店のステーキ丼

 

後日のポイント還元なので、

次の予約で、実際にそのポイントを使ったときに、

お得感が倍増するのでしょうが、

普段、ランチでステーキなんてあまりないので、

お得ですよね。

 

外食の機会が減って、

飲食店はたいへんだと思います。

大切な飲食店が、無くなってしまわないよう、

上手に、Go To Eatの活用もしていきたいですね。

 

とくしま産業振興機構の機関紙

「企業情報とくしま」で、

とくしま起業人という特集記事を、

昨年度あたりから毎月載せてくれています。

企業情報とくしま表紙

 

あったかビジネスの認定をもらった事業所や、

創業で関わった事業所の、

起業のきっかけや、

これから起業する人へのメッセージを

紹介しています。

企業情報とくしま8月号記事

僕自身、

起業で関わった方の、

思い出や、その後の苦労話を

ヒアリングの中で、思い出させてくれて、

とても、感慨深く、取り組まさせていただいています。

 

文章を修正する際には、

知らず知らずの内に、

熱がこもってきます。

 

とても嬉しく感じているのは、

ここで紹介することになった、

事業所さんが、

発行されたら、絶対知らせてくださいね。

何冊かくださいね!

と言ってくれること。

 

今回の、2020年8月号の、紹介事業所さんは、

「Herb・Room leaf」

ハーブに魅力を感じ事業を初め、

そのハーブの知識を活かした、

石鹸教室などを展開している事業所です。

 

ここは、今回の記事を、

自身のブログで紹介してくれていました。

https://herb-room-leaf.net/contents_1523.html

 

嬉しいですね!

渭水苑で食事を楽しみました。

 

立派なお庭のある料亭。

 

今年の8月末には、将棋の王位戦第5局が

ここで、行われるはずでしたが、

藤井さんの、4連勝での

王位獲得が決まり、幻となりました。

 

息子の誕生日に食事をどこでするか考えていた時、

息子が将棋をかじっていることから、

ここでの食事を思いつき、

思い切って、利用させていただきました。

 

食事の味も、盛り付けも、

季節感がたっぷりで、

素材の味が引き出されていて、

すごいとしか言いようがない。

 

さくらのカクテル

 

先付

 

土瓶蒸し

 

メイン

 

炊き込みごはん

 

デザート

 

息子が、将棋をしていることを持ち出すと、

王位戦で、使われるはずだった将棋盤

(今まで使ってきた将棋盤)を、

わざわざ見せていただけました。

 

王位戦用将棋盤

ここは、もともと、

和田吉郎さんという個人の邸宅だったようです。

 

記念日に、たまにの贅沢を味わう。

申し分ない時間でした。

 

渭水苑のwebサイトです。

http://www.isuien.com/

「デザインは、企業が顧客と結びつくための大事な手段になる」

 

PMシンポジウムを受講しました。

毎年、この時期に東京(会場は千葉)に行って受けてきていた

このシンポジウム。

今年は、新型コロナウィルスの影響で、オンラインでした。

 

PMシンポジウム

 

日程の都合で、2日目だけの受講になりました。

今年の僕の受講傾向は、「デザイン」についてのセミナーを

多く選んでいるということ。

 

数年前に、同じPMのセミナーを受講して、

気付いたことは、

企業・商品と顧客をつなぐ手段は、「デザイン」だということです。

 

それまでは、マーケティングが、顧客とつなぐ手段だと思っていたのですが、

マーケティングは企業側の組み立ての構図。

その組み立ての構図を、実際の活動として顧客と結びつけてくれるのが、

デザインだと考えると、すごく腑に落ちました。

 

そのデザインの意味も、大きく二つあって、

良く認識されている、パッケージデザインのような意匠の意味が一つ。

もう一つは、計画という意味のデザイン。

例えば、「明日の暮らしをデザインする。」という時に使う意味です。

 

この二つを認識したら、デザインが、企業と顧客をつなぐ手段だと

強く思うようになりました。

 

今回受けた、デザインのセミナーは3つ。

ウジ トモコさんの「デザインで人を動かす」

今村 亘さんの「なぜ今デザイン経営なのか」

榊巻 亮さんの「資料づくりの常識を変える」

 

全体を通して学んだことは、

人は、1枚の紙にとかく多くの情報を入れたがるけど、

1枚の紙で伝えることは1つ。

デザインする前に、何を伝えたいかを整理することが大事。

そして伝えたいことは、長い言葉になっても、きちんと伝えること。

 

学んでインプットしたことを、

アウトプット(実践)していければと思います。

 

大きな台風が過ぎていきました。

 

その前後の

吉野川と眉山の写真。

眉山と吉野川 台風前

台風前

 

眉山と吉野川 台風後

台風後

 

それぞれ、先月末から使っているiphoneで撮ったものです。

 

スマホの充電の調子が悪くなって、

相談に行ったスマホ堂さんで、

写真をきれいに撮るならと

薦められたiphone。

 

まだまだ、使いこなせてはいませんが、

写真は、確かにきれいな気がします。

 

スマホ堂さんのwebサイトです。

https://www.sumahodou.com/


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

 

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM