「わくわく創業支援補助金選定審査委員会」

が開かれました。

 

僕は、審査する側ではなくて、

応募した事業者を支援(した)する側。

 

徳島県の創業支援である、あったかビジネス事業の認定審査会

等では、事業の説明は、

僕のような創業コーディネーターが行うのですが、

今回は、ただただ見守る役目。

 

わくわく創業支援補助金の審査会

 

でも、自分でどうにもできない分、

余計にドキドキするような気持ちで参加していました。

 

自分が関与している事業者も、

他の事業者も、

プレゼンテーションの場になると、

真剣さが伝わってきます。

 

今回のプレゼンテーションのポイントは、

地域性や社会性、

具体性、

事業計画の整合性、

だと考えていました。

 

ビジネスコンテストだと、

夢を語って共感を得ることが大事になりますが、

補助金の場合は、具体性がより大事になります。

どうせなら、事業を立ち上げ、継続できる可能性の高い方に、

補助金は、使って欲しいですよね。

 

当落の発表はまだですが、

採択された方も、されなかった方も、

一番大事なのは、

事業を継続させること。

 

それが実現できるよう、

引き続き支援ができればと思います。

Comment