不測の事態の中で、経営者ができること。

 

飛行機からの富士山

 

コロナウィルスへの不安が、

まだまだ治まらないですね。

 

経営をされている方にとっては、

経営への不安は、計り知れないものと思います。

 

不安が尽きないのは、仕方ないですが、

経営の新しい思考プロセスである

「エフェクチュエーション」

の原則のひとつ

「PILOT IN THE PLANE(飛行中のパイロットの原則)」

が頭に浮かびます。

 

飛行中、悪天候に見舞われたパイロット。

機体は乱高下、視界は不良。

無事着陸できるのか不安がよぎる。

着陸地の天候は回復するだろうか、

もっと良い天候条件のところはあるだろか。

 

もちろん、そのような予測は必要でしょう。

でも、その場所にたどり着いたとき、そこが天候良好な保証はないのです。

 

確実にコントロールできるのは、

目の前の計器の数字の情報をもとに、

握っている操縦桿に集中して、

機体の安定を最大限図ることです。

 

天候はコントロールできないけど、

操縦桿はコントロールできます。

 

こういう時こそ、

自分でコントロールできることに集中して、

不測の事態を乗り切ることの大事さを感じます。

 

でも、嵐は、早く去ってほしいですけどね。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

 

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM