「デザインは、企業が顧客と結びつくための大事な手段になる」

 

PMシンポジウムを受講しました。

毎年、この時期に東京(会場は千葉)に行って受けてきていた

このシンポジウム。

今年は、新型コロナウィルスの影響で、オンラインでした。

 

PMシンポジウム

 

日程の都合で、2日目だけの受講になりました。

今年の僕の受講傾向は、「デザイン」についてのセミナーを

多く選んでいるということ。

 

数年前に、同じPMのセミナーを受講して、

気付いたことは、

企業・商品と顧客をつなぐ手段は、「デザイン」だということです。

 

それまでは、マーケティングが、顧客とつなぐ手段だと思っていたのですが、

マーケティングは企業側の組み立ての構図。

その組み立ての構図を、実際の活動として顧客と結びつけてくれるのが、

デザインだと考えると、すごく腑に落ちました。

 

そのデザインの意味も、大きく二つあって、

良く認識されている、パッケージデザインのような意匠の意味が一つ。

もう一つは、計画という意味のデザイン。

例えば、「明日の暮らしをデザインする。」という時に使う意味です。

 

この二つを認識したら、デザインが、企業と顧客をつなぐ手段だと

強く思うようになりました。

 

今回受けた、デザインのセミナーは3つ。

ウジ トモコさんの「デザインで人を動かす」

今村 亘さんの「なぜ今デザイン経営なのか」

榊巻 亮さんの「資料づくりの常識を変える」

 

全体を通して学んだことは、

人は、1枚の紙にとかく多くの情報を入れたがるけど、

1枚の紙で伝えることは1つ。

デザインする前に、何を伝えたいかを整理することが大事。

そして伝えたいことは、長い言葉になっても、きちんと伝えること。

 

学んでインプットしたことを、

アウトプット(実践)していければと思います。

 


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

 

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM