キャンドル作り教室の事業。

 

キャンドルづくり

以前、とくしま起業塾に来てくれていた、

「floracion」逢坂さんの事業です。

 

キャンドルを売ることよりも、

キャンドルを作ってもらって、キャンドルの良さを知ってもらいたい。

 

このご時世で、

人を集める教室の開催が難しくなり、

オンラインでの教室を始めたところ、

これだ!と思ったそうです。

 

オンラインは、

距離を問わないし、

余計な時間を使わない。

なので、キャンドル作りのノウハウを伝えるのに、

こんな便利なツールはないと思ったそうです。

 

なので、

今後は、これに力を注いでいきたいとのこと。

 

このキャンドル作りをおすすめする職業は、

セラピストや、看護師さん。

身体を酷使する中で、

日常の気づかないストレスが、溜まっている人。

モノづくりの集中と、自然素材を使ったキャンドルで、

心身の疲れが取れていくそうです。

キャンドルで癒される

 

気になる方は、こちらのwebサイトをチェックしてください。

https://ameblo.jp/cmp-h/entry-12607898914.html?fbclid=IwAR3CM7UYD2XjjaVF0xryfEdIeaAZxmUATvvZnJ06F2t2nEAf5UoBUxw_gmc

 

オンラインの利用で、新たな、価値の届けかたが

広がっていくかもしれないですね。

 

 

 

 

 

 

わくわく創業支援補助金の採択結果が発表されました。

https://www.our-think.or.jp/?mode=detail&p=309562

 

採択になった事業者さんから、

サポートの

お礼の連絡をいただきました。

 

その中で、思わず、和んでしまったのが、

フレンチレストランの事業を予定している、

オリビエさんからのメール。

 

そのメールの出だしです。

 

「長尾さんこんばわ。オリビエは、今日の午後、徳島県からお嬢金を

手に入ることを知らさせられてとっても嬉しく思いました。」

 

お嬢金(補助金)って、入力違いなのか、そのイメージで思っていたのだろうか

など、想像が膨らんでしまいます 笑

 

その後の文書も、この調子で進んでいきます。

 

このオリビエさん、

フランスの一流店で料理を学び、来日した後、

東京の椿山荘でマネージャーをされたり、

フランス大使館のレストランでシェフをされたりしていた方です。

趣味の合気道で縁があった美馬市から、

野菜の仕入れでさらに縁ができました。

さらに、

徳島に移住し、

美馬で、本格的なガレットを、

リーズナブルな値段で提供するレストランをオープン予定です。

 

オリビエさん料理の例

 

おしゃべりで、気さくな人柄。

先ほどのメールも、オリビエさんならではのホスピタリティを感じます。

 

オープンが楽しみです。

店名は「CAPTAIN」です。

 

オリビエさん店舗

 

 

 

 

 

 

オンラインでビズストームを実施しました。

 

会社経営を疑似体験できるビジネスゲーム、

「ビズストーム」

もともとは、ボードゲームです。

 

でも、この時期にボードゲームにこだわっていてはだめだと、

オンラインでできるように改良。

制作者の箕作さん、エクセルシートをあり得ないほど駆使して、

実際に運営できるまで来ました。

 

内輪での実施をこれまで繰り返してきて、手応えを感じてきてたのですが、

今回、学生さんを集めて、

始めて、外部の方に実施していただきました。

 

ZOOMでのビズストーム

 

やったことのある人には、ほぼ問題ない状態まで来たけど、

初めての人に、オンラインで

このゲームの面白さは伝わるのだろうか?

その不安は、ほぼ無くなりました。

問題があるとすれば、PCへの慣れ具合。

 

エクセルもZOOMも初めてとなると、

そちらに気をとられて、進行できなくなってしまう可能性があります。

 

それ以外は、ほぼ問題なく、

学生の皆さんからも、楽しかったといっていただきました。

経営は、学ぶことで理解できても、実践できるかどうかは全然違いますね。

という感想もいただきました。

 

ボードでやる、熱気や、周りとの駆け引きという面白さも、もちろんありますが、

オンラインはオンラインで、

別の価値が生まれそうです。

 

今回、

一部講師としての参加もさせていただきましたが、

もっと使えるようになっていきたいと感じました。

 

ビズストームのWEBサイトです。

https://bizstorm.jp/

 

あったかビジネス支援事業という、

徳島の知事が、地域の特長ある創業を認定する制度。

 

とくしま産業振興機構では、創業支援の大きな柱として、

このあったかビジネス支援事業の申請書作りを

お手伝いしています。

 

最近、その支援の中で、嬉しい報告が二つ。

 

一つは、

最近、このあったかビジネス支援事業に認定されたばかりの企業

「human music lab」さん。

あったかの認定を見た、新聞社さんから

取材されて、記事になっていました。

ヒューマンミュージックラボの記事

 

もう一つは、

 

とくしま産業振興機構から発刊される「企業情報とくしま」の

「とくしま企業人」のページで紹介した、

「M&A工房」さん

 

たまたま、打ち合わせで「M&A工房」さんと食事をしていると、

議員さんが現れ、その冊子を持っていて、

やってる事業の内容が良くわかるな〜

とのこと。

県議会議員にも配られていることを、初めて知りました。

M

 

こうやって、

紹介した事業所さんが、多くの方に知ってもらえること、

嬉しく思います。

 

 

剣山に登りました。

 

駐車場には、たくさんの県外ナンバーの車が並んでいました。

反面、いつもの年より、登山客は少ないとも感じました。

 

個人的には、山や海は、密になるイメージはないなと思います。

 

登りだした頃は、霧も多かったのですが、

大剣神社の岩

 

頂上につく頃には、青空も見え始めました。

剣山の写真続き

 

下りながらの大剣神社の岩からと次朗笈の眺め

剣山の写真

 

ケーブルの西島駅と向かいの山

剣山

 

新緑の山を、味わうことができました。

徳島県のわくわく創業支援補助金の申請が

締め切られました。

 

小松海岸の景色

僕自身、十数件の相談を受け、

その内、申請書のブラッシュアップに関わったのが

約10件。

 

創業の際の申請書は、

やはり、皆さん、創業への熱い想いを持っているのと、

このような申請書は初めて書く方が多いのが

特徴です。

 

初めから、文章をたくさん書ける人は、

ほとんどいないのですが、

ある項目を例示してみると、

なんとなくわかりだし、

書けるようになってくるように思います。

 

でも、

一度、きれいにまとまってきたなと思っても、

自分の頭の整理に集中してしまうがばっかりに、

人にはわかりにくい表現に舞い戻ってしまう方も

ちらほら。

それも、ありだと思います。

創業の申請書作りは、

自分のやりたいことを、自分で初めてまとめる

貴重な経験。

そして、それを人に伝えるにはどうするか。

 

多くの方に、

この申請書作りの中で、

自分のやりたいことが、より見えてきたように思います。

との言葉をいただきました。

 

とても嬉しい言葉です。

 

関わった全員、補助金の採択がされればいいのですが、

採択される数は限られているので、

全員が採択されるわけではないのは仕方がないことです。

それに関わらず、

起業に向け、実現に向けて、

何かの道しるべとなれば、いいなと思っています。

 

夢に向かっている多くの方と接することで、

こちらも、たくさんの素晴らしいエネルギーをいただいています。

緊急事態宣言が解除されました。

まず、39県ですが、

 

吉野川の堤防

 

いつも走っている、

この吉野川の堤防も

少し、空気が澄んだ気にもなります。

 

全てが、コロナ前の状態に戻るのは

難しいでしょうから、

新しい世界に、

前向きに取り組んでいけたら

いいなと

思っています。

 

吉野川の堤防ランニング

 

先日、オンライン飲み会を行いました。

 

コロナの影響で、セミナーを開いて、

人を集めることが難しい時期

オンラインでやることも考えにいれようと

相談する中で、

まずは、オンライン飲み会からと

やったものです。

 

ZOOMでオンライン飲み会

 

繋ぐことだけが目的なので、

繋いだ時点で、テストは終了。

後は、共通の知人も誘って、ひたすら、

好きなことをしゃべっていました。

 

阿波弁らしいけど、

くんだらを言うというやつです。

(くんだら・・・とりとめもないおしゃべり)

 

人とたくさんしゃべることは、

普段ブレーキがかかっている時なので、

そのくんだらの貴重さがひしひしと感じられました。

 

何の話題の時かも忘れてしまったけど、

赤塚不二夫 〜天才バカボン〜 の残した

「これでいいのだ」

は、すごいという話が、頭に残っています。

 

「これでいいのだ」

といって最後を迎えられたら、全てを超越できてる。
みたいな会話をしてたのですが。
気になって、
天才バカボンの名言をググってみると、
胸に刺さりますね。

「この世は むずかしいのだ 
わしの思うようにはならないのだ 
でも わしは大丈夫なのだ 
わしはいつでもわしなので 大丈夫なのだ 
これでいいのだと言っているから 大丈夫なのだ 
あなたも あなたで それでいいのだ 
それでいいのだ 
それでいいのだ 
わしはリタイヤしたのだ 
全ての心配から リタイヤしたのだ 
だからわしは 疲れないのだ 
どうだ これでいいのだ 

これでいいのだ
やっぱりこれでいいのだ 」

誰に責任があるのか

とか

何が正しいのか

とか、堅苦しく感じるこの頃。

 

ホッとしますね。

 

 

 


持続化給付金の申請受付が開始されました。

 

https://www.jizokuka-kyufu.jp/

 

持続化給付金のHP

事業収入が半分以下になった場合に支給される、

給付金です。

 

この給付金、前年度同月比較での収入の減が基準となりますが、

昨年度の比較月がない創業者の場合には、特例があります。
創業者の場合は、

2019年の平均との比較になります。

内容を確認してみてください。

https://www.jizokuka-kyufu.jp/subject/?fbclid=IwAR0AQzKt0pi0yCEbjeTUE8xB02rrIjZD66vv7LJWMRfEIQV91ExybZGmUtM#exception_solo

 

また、融資制度も、出されていますが、

たくさんあって、

少し混乱しますね。

ほとんどの事業者は、

日本政策金融公庫か、

民間金融機関を通しての保証協会からの

借入になるかと思います。

 

資金繰り支援

 

こちらも、創業者の場合は、売上高要件を照らし合わせて、

適用になるかどうか判断します。

https://www.meti.go.jp/covid-19/index.html?fbclid=IwAR2Ep86_KxdWx_WPZLxQ0QLRRib-vL2mpczolhQiw-dx8cNeHn45d_joXyY

 

こんな時期なので、

情報を集めながら、

何とか、山を乗り越えたいですね。

 

 

AWA buleberry ファーム

徳島県阿波市の田舎で、ブルーベリーの観光農園の起業です。

 

アワブルーベリーファーム

 

6月28日プレオープン予定です。

こんな時期なので、

多く集まっていただくのは難しいということで、

まずは、1日6人程度の予約で開始するとのことです。

 

大きな農園ではないですが、

少しずつ、準備が整い、楽しみが増えてきますね。

 

昨年度には、

クラウドファンディンにも挑戦し、成功させています。

 

ホームページを貼っておきます。

http://awa-blueberry.com/

 

 


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

 

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM