「21世紀型シンデレラストーリー」ビジネスコンテスト

セレブレーションパーティ

 

3人とも、それぞれ、

違った形での知り合いです。

 

杉井さんのプレゼン

(杉井さん)

 

森口さんのプレゼン

(森口さん)

 

大杉さんのプレゼン

(大杉さん)

 

それぞれ、今まで、

シンデレラとは全然違ったイメージで

見ていました。

 

でも、この日ばかりは、

シンデレラのように輝いていました。

 

この賞を勝ち取ろうとする、

強い意志。

 

事業を始めようとする、

熱い気持ち。

 

こういう場で、

堂々と、その輝きを放てるのは、

素晴らしいとしか言いようがないです。

 

おめでとうございます!

 

シンデレラ達と一緒に

(シンデレラたちと)

 

 

徳島県南部創業セミナーの2回目を

担当させていただきました。

 

南部創業セミナー2回目

プレゼンテーションの話。

事業ドメインの話。

顧客ニーズの話。

そして、今回は数字計画の話も盛り込みました。

 

最近、顧客ニーズの時に使う質問(フレームワーク)。

 

,修両ι福淵機璽咼后砲蓮

 お客様が(   )の時に

 利用してくれることを想定しています。

 

△修里客様は、その商品(サービス)の

(   )に魅力を感じています。

 

今回、全員に埋めてもらったのですが、

結構、しっくりとした内容になっていて感心しました。

 

南部の皆さんとは、

セミナーでは、これ1回の出会いになるのが残念。

創業の計画をしながら、

別の案が聞きたくなったときは、

いつでも、聞きに来てください。

 

 

 

 

 

起業力養成講座の実習の最終日でした。

大学生にとっての講義名は、「ニュービジネス概論」

 

起業力養成講座のプレゼン発表

この日は、午前・午後合わせて70のグループ、それぞれで

作った、ビジネスプランの発表会。

 

といっても、全グループが発表する時間は、

残念ながらないので、各教室の代表、5グループが発表です。

教室が3つに分かれ、午前・午後があるので、

全体では、30グループが発表することになります。

 

プランを評価する時に、特に意識したのは、

/卦性

 同じような事業に対して、いかに違いを表せているか。

 

具体性

 あったらいいなで留まらず、そのビジネスプランを実現させるために、

 いかに掘り下げて考えているか。

 

社会性

 社会に必要だと思うことに、いかに果敢に挑戦できているか。

 

そんなところを中心に、読ませていただきました。

 

結果、

皆さん、素晴らしかったです。

プレゼンテーションも含めて、

真剣さが伝わってきました。

 

この講義を通じ、

創業・起業に興味をもったり、

また、今は直接関係なくても、

将来的に、

何かの役に立つことがあれば、

とても意義のあることだと思います。

 

真剣に取り組む学生は、

眩いなと思いました。

心地よい疲れと、寂しさを感じる

最終日でした。

 

 

 

 

 

女性起業塾 中級編の最終日

成果発表ということで、4名の方のプレゼンテーションがありました。

 

コメンテーターをさせていただきました。

 

プレゼンテーションした方の事業と僕のコメント(質問)を紹介します。

 

_雜酳〇禹業から、介護者向け民宿を立上げ中。

そして旅館設立を目指す事業

 

プレゼンの中で、介護者が作った手作り作品を販売する中で、

初めは、介護者が作ったことを強調していたが、

今は強調をやめているという話に興味をもったので、

その理由を質問。

 

⇒消費者は、介護者が作ったものを求めているのではなく、

 良い商品を求めている。

 その背景に介護者が作っていることが伝わるのが、

 ベストだとわかってきた。

 

⊆蟶遒蠹形垣个覆匹糧稜篁業

 

その天然石などの商品は、どんなお客さんに喜んでもらえる商品なの?

 

⇒その人が大事にしている物を、残してあげるような気持ちで対応している。

 

キャラクターやイラストでのイメージアップ事業

 

お客様のためにキャラクターつくり、イラスト作りをするときに、

こだわりや意識していることは何ですか?

 

⇒まだ、しっかりとはまとまっていません。

 ほっこりできるようなイメージでしょうか。

 

ぜ転車を利用した徳島のいいとこ、いい味をめぐるツアーの提案事業

 

次の展開(テスト稼働)を図るには、何が整えばできますか?

 

⇒外国人に提案していることの反応を待っている(?)

 

そんな、やり取りをさせていただきました。

 

皆さん、その人の歩幅で、しっかりと歩まれることと思います。

何かの後押しができていれば嬉しく思います。

 

女性起業塾 中級編 最終日

 

終了してしまいましたが、

女性企業塾の募集webサイトです。

https://www.pref.tokushima.lg.jp/jigyoshanokata/sangyo/shokogyo/5021846

 

『シンデレラ・ストーリー(女性企業家ピッチコンテスト)』

を取り上げた、徳島新聞の記事についてです。

 

先月、このブログでこのコンテストについて触れました。

http://info.nagao-ms.com/?eid=139

 

初めは、違和感をもったものの、実質的な内容を考えると、

意義のあるピッチコンテストだと思うという内容です。

 

昨年のシンデレラストーリーピッチ舞台

 

徳島新聞の記事を読んでいない方は、

何のことかわからないと思いますが、

2月3日の朝刊の記事に関する事となります。

 

僕の感想です。

次のような後味を残す記事にして欲しかったな。

「コンテストに違和感を持って取材をしたけど、

実質的な内容は、満足度が高いことがわかった。

ネーミングについては、ジェンダーの観点の、ある面からは

誤解をまねく可能性があるので、一考して欲しい。」

 

それぞれの立場の人

(企画者、運営者、新聞社の記者、新聞社でこのコンテストの審査に携わった人、

ジェンダー的な立場で社会運動をしている人)

の座談会のような記事なら、

いろんな示唆に富んで、良かったのに。

 

この記事で、

良くない面が残らないことを祈ります。

 

例えば

,海離灰鵐謄好箸蓮何もできない起業者が、

 人の助けを借りるためだけに参加するものだと思うこと。

 (書くまでもないですが、努力を重ねながら、事業の支援を

  さらに増やしたい起業者が、必死の思いで参加しています。)

 

県が、新しい視点からの女性起業支援には及び腰になること。

 (女性支援の立場で共催したのに、それでこんな書かれ方をするのなら、

  主催はもちろん、共催も、他県の無難な例に準じようと思わないかなあ)

 

ジェンダーが偏った面から認識されてしまうこと。

 シンデレラ・コンプレックスと近いイメージは、ジェンダーの極一部だと思うのですが、

 そう受け取られないでしょうか?

 

といったことです。

 

一方で、

この記事を読み、傷ついた参加者や開催者は、

1日どんよりとした気持ちになった後は、

 

こんな生産的でない議論に構っている暇はないと、

自らの起業活動、支援活動に戻り、

普段を取り戻しているように思います。

 

徳島で活動するものにとって、

徳島新聞は、バックアップして欲しい、重要な機関です。

 

これら、純粋に活動するものを、

暖かい目で見守って欲しいと切に願います。

 

昨年のシンデレラストーリーイメージ

 

とくしま経営ラボ#3を開催しました。

 

とくしま経営ラボ♯3の様子

この、「とくしま経営ラボ」は、

徳島出身、東京で活躍する

新木中小企業診断士と協同で開催しています。

新木診断士は、自分がこれまでに支援してきた経営者に

声を掛け、診断士仲間も含めた集まり(勉強会)を続けています。

(ビジ塾)

それに刺激を受け、

徳島でも同じような集まりができないかと、始めたものです。

 

今回は、会計の話を新木診断士にしていただきました。

とくしま経営ラボ新木診断士

 

セミナーパンフレット1

 

今まで開催した2回の時の懇親会は、

新木診断士と僕の2人だけの飲み会になってしまっていましたが、

今回は、何と10人での懇親会に。

場所を移して、

徳島駅地下、徳島駅バル横町にある

洋酒食堂井ーツさんで、盛りあがりました。

井ーツでの懇親会

 

今回の中心メンバーは、

2017のとくしま創業塾と2018のとくしま創業塾の

メンバーでした。

 

それぞれの創業塾だけの集まりも続けて欲しいですが、

とくしま経営ラボを続けることで、

それぞれのメンバーの交流ができればいいと思います。

さらに、他の創業塾メンバーや、創業塾以外で知り合った方々、

中小企業診断士の仲間なども加わってくれることを期待しています。

 

出席を強要するような会ではないので、

その時に時間が合って、

ちょっと勉強しながら、

いろんな方と交流し、

刺激を受ける場所になればいいなと思っています。

 

とくしま経営ラボ 長尾も少ししゃべりました

 

新木診断士の、この様子を紹介してくれているブログページです。

(からっぽのロック『ビジネス競争力を高めよう」)

http://semicolonshinkichi.blog75.fc2.com/blog-date-20190204.html

 

 

 

 

 

神戸でのビズストームの合宿。

ビズストームは、ビジネス(経営)の疑似体験ができるビジネスゲームです。

 

1日目の午後から参加。

いきなり、インストラクター同士で、

ゲームをやりました。

ビズストームの様子

市場、戦略がかぶってしまい、

戦略の転換を図ろうかどうか迷いながらのゲームとなりました。

 

でも、2回引くストームカード

(ラッキーカードと、アンラッキーカードがあり、

3期、6期の終了時に引くことになります。)

が、最悪。

 

できる仕事の量を減らされたり、

6期目には、育てた従業員が退職!!

 

戦略の転換を図るどころか、

何とか黒字で終わらせようとするだけになってしまいました・・。

 

でも、それも、経営の中ではアルアル。

 

ゲームなので、

次回には、また別のやり方をしたら、どうなるかなあ

と頭の中でシミュレーションできます。

 

懇親会は、ハーバーランドが見下ろせるところで。

 

神戸ハーバーランド

 

その後、

10年くらい前に行ったことのある、

老舗のJAZZ LIVE が味わえるバー、

SONE に行きました。

SONE

 

 

SONE

2日目は、

ビズストームに詰まっているビジネス要素を使って、

どんなところに拡販できるかの話し合い。

 

実際に活動できるヒントが得られました。

 

ビズストーム、

私の方でも、開催を図っていこうと思っています。

是非、参加してください。

 

ビズストームのwebサイトはこちらです。

http://bizstorm.jp/

 

 

 

起業力養成講座 3日目

徳島大学での実習です。

 

中間でのビジネスプランを提出してもらった後、

最終の成果物を出すための話し合い。

 

話し合いをしていると、熱がこもってきて、

多くの班では、

「何か、質問ありますか?」

と問いかけても、

「今は、大丈夫です!」

と、ビジネスプランの作成に夢中になっています。

 

いい感じ!

 

出来上がった、プランを見るのが楽しみです。

 

関係ないけど、この週に食べたノスショアでの食事

 

写真は、この実習とは関係ないのですが、

この週に食べた、ランチです(;^ω^)

 

 

 

徳島大学生物資源産業学部の起業体験実習

ビジネスプランプレゼンにコメンテーターとして出席。

 

徳島大学での、ビジネスプラン発表会(生物資源)

 

25チーム中の選抜された9チームのプレゼンということでしたが、

1年目の学生が、半年学んだだけで、これだけのレベルになっていることに

驚きした。

 

まず、やりたいことが、明確に書けています。

そして、講師の方の想いでもあるのでしょうが、

地域課題を明確にしているので、共感が得られます。

 

あえて、より意識して欲しいのは、

その商品、サービスを求める顧客にどう訴えるか。

 

けど、これは、実際に創業する人にとっても、

さらに、既に経営をしている人にとっても、

大きな課題ですよね。

 

9チームの皆さん、お疲れさまでした。

この中の何チームかが、

起業への想いを抱いてもらえたら、嬉しいですね。

徳島県 西部地区の創業セミナーの講師をしました。

とくしま産業振興機構の主催です。

 

西部地区 創業セミナー

創業の動機と心構えについて。

いつもの創業セミナーで行っているよう、

グループディスカッションを取り入れながら、

まずは、創業の入り口を開けていただきました。

 

今回の特徴は、少人数であること。

いつもより、受講生の方との距離を縮めて話しができたように思います。

心なしか、より和やかに進行できたようにも。

 

今回、感激したのは、

受講生の一人が、
このセミナ―の内容を、綿密に、
ご自身のブログに載せてくれたこと。

https://illustmutsumi.wixsite.com/my-site/single-post/2019/01/23/%E5%89%B5%E6%A5%AD%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%81%AB%E5%88%9D%E5%8F%82%E5%8A%A0%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F

 

本当に、綿密。

 

こうやって、改めて見てみると、

結構、多くの情報を提供しているんだなと思います。

でも、しっかりとインプットしてくれていたことがわかって、

やった甲斐があったな・・・

と思います。

ありがとう。

 

このセミナーの申し込みwebページはこちらです。

https://www.our-think.or.jp/?mode=detail&p=301465&fbclid=IwAR23gA-mgCmWizTCt7fWFMLNsXv09KpE448KRf2I6Y_Mmpsns4XoFkrg__A

 

このセミナーに行く途中に、ちょっと立ち寄った場所からの、

吉野川の風景(ちょっと暗いけど)

美馬市脇町からの吉野川

 

いつもは、河口付近の吉野川を見ることが多いのですが、

ここからの吉野川の景色も素敵です。

 


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM