徳島経済産業会館には、たくさんの経営者や創業者が訪ねてきます。

そこで偶然会える人や僕を訪問してきてくれる人もいます。

昨日も、創業セミナーの生徒に偶然会ったり、訪ねてきてくれたりでした。

 

 

訪問してくれた、元創業塾生との、昨日の会話です。

「創業セミナーに参加していた時は、創業への思いを強くして、

 絶対創業しようと思っていたのですが、

 それ以降に、いろんな人の話を聞いていると

 まだ、考えがあまい自分に気付いて

 けど創業できないのが、申し訳ないような気になって

 どうしようもなくなっていました。」

 

「そんな時期もあるよ。

 でも、〇〇さんは、創業できない人のイメージがないから

 いつかできるよ。あせらんでいいよ。」

 

「先生にとって、創業できないと思う人ってどんな人なんですか?」

 

「例えば、日本から、アメリカに航海に出るとして、

 低気圧が航路にできそうだからとか、風が強い日がありそうだからとか、

 常にそんな言い訳をしてるような人」

 

「ふーん」

 

そんなこんなの会話をしながら、

少し前向きになってくれたように思います。

 

創業できないことが、意気地がないわけではないですし、

あれこれ言い訳ばっかりしている人も、

時間がたてば、積極的な思考回路に変わっていることもあります。

 

頭の中がまとまらなくなったときは、

なんだかんだと言いに来てもらって、

しゃべっているうちに、頭を整理してくれたらありがたいなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

創業・経営応援セミナー

創業セミナーでは教え子だった、迎純子さんが講師でした。

「起業して、1年半の経緯」

どんないきさつでの創業したのかは詳しく知らなかったのですが、

いつか創業するのが夢だったんですね。

良く頑張ったと思います。

人と違うことがしたいって大事だと思います。

その人の人生だから。

今日は、僕が受講生でした。

 

その後は、中村佳織さんのセミナー

「創業前に知っておきたい、売れるビジネスの作り方」

同じ中小企業診断士の中村さんのお話。

プレゼン資料の完成度、話の上手さを見習わなきゃ!と思いました。

 

セミナーの後は、個別相談会。

 

二人の創業相談に対応させていただきました。

創業相談は、創業が具体的になってからの相談も、創業するのにどうしたらいいのかわからない中での相談もあります。

どちらも大事な創業準備者。

夢がかなえられるようにお手伝いができたらと思います。

今日の相談も、

創業したい気持ちがスゴく伝わってくる、嬉しくなる相談でした。

 

そんな夢を下支えできるよう、僕も全力投球できたらと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とくしま産業振興機構で毎月発行している機関誌

「企業情報とくしま」

企業情報とくしま6次産業化支援事例

今月号に、私が支援した「リーベフラウ」(訐舒耆榮撻札鵐拭次砲竜事を載せてくれています。

「リーベフラウ」さん

昨年度、6次産業化の総合化事業計画の認定を受けられました。

計画では、ウインナーやハム、惣菜作りを自製化します。

その際に、近藤店長が、自らドイツで修業してきた、

本場マイスター仕込みのウインナー、ハムを製造するようになります。

 

養豚も、共に獣医師であるお兄さんの技術を使って、

臭みがない、口の中で溶けるような豚肉を作っています。

私も、アドバイスをしながら何度も通う中で、

溶けるような「豚しゃぶ肉」の虜になり、行く度に買ってしまいます。

 

リーベフラウ 建物

ウインナーやハムの製造工場は、現在建設中です。

来年度には製造が開始されるようです。

本場仕込みのウインナー、ハム、楽しみですね。

 

 

自然派ハム工房リーベフラウ
779-3223
徳島県名西郡石井町高川原字高川原2268-3
TEL.088-637-4567
FAX.088-637-4566
営業時間.10時〜20時

HP http://wiener.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝起きてみると、

予想外に雪が積もっていました。

徳島市では珍しい位です。

 

練習不足のため、雪の中をジョギングに。

さすがに、ほとんど走っている人いないんですね。

新雪を踏みしめながら走るのがおもしろい。

札幌にいたころを、ちょっと思い出しました。

 

写真は、ランニング途中の道の際の、雪の玉です。

 

2月2日、PMセミナー 〜変革の道を歩む〜 に参加してきました。

場所は銀座ブロッサム

東京は、大雪の予報でしたが、交通機関に影響はなく一安心でした。

 

雪の東京

 

セミナーに参加した、僕の最大のお目当ては、岸良さんの話です。

月曜日が楽しみな会社にしよう!という題目。

それは、同じ仕事量でも、みんながゆとりを持ってこなし、生産性を上げるようにする、夢のような仕組み。

「ザ、ゴール」の著者で有名なゴールドラット博士の数少ない愛弟子である岸良さんならではの説得力。

会社の全体最適を考えるとき、人は企業の全業務を高めようと、全業務をより頑張ってしまいます。

ここに落とし穴があります。

一番滞っている業務以外を頑張っても、会社の業績は上がりません。

「滞っている業務を流すことに、会社全体が集中する。」その部分最適が、全体最適につながるという話です。

 

それと、

「あなたは、1日のうちで、自分だけしかできない仕事に割いている時間はいったい何分ありますか?」

という問いかけ。

それを考えると、人に任せられる仕事のなんと多いことか。

 

そんなことを、考えさせられました。

 

PM

 

他の講演も、秀逸でした。

浜 矩子 さんの「これからどうなるグローバル経済と日本」

同志社大学大学院 ビジネス研究科教授

どアホノミクスと連呼する勇気には、感心しましたが、
「言の内に命があった。命は人間を照らす光であった。光は闇の中で輝いている。暗闇は光を理解しなかった。」

という福音書の一説で、今後の世界を期待する気持ちを表す素敵な講演でした。
阿部 大介 さんの「最新の気象サービスとは」
ウェザーニューズの取締役。
ウェザーニューズと気象庁の違いを示しながら、役に立つ気象情報を、それが欲しいニーズに届ける思いの講演でした。
ウェザーニューズの情報は、農業などもっと利用価値があるのではと思いました。
PMセミナー
長谷川 義幸 さんの「動き回れば道の挑戦もなんとかなる」
JAXA 客員
国際宇宙ステーションのプロジェクトに携わってきた人です。
アメリカとロシアしか、有人宇宙飛行の経験がない中、
マニュアル作成や、宇宙滞在訓練のプログラムをどうするか。
うまくいかないことを何度も経験しながら、成功に導いた偉大な方ですが、
ユーモアたっぷりに話されていて、心の大きさを感じる講演でした。
多くの学び、業務やセミナーを通じて、活かしていければと思います。

徳島マラソンを2か月後に控えて、

練習不足を補うため、寒い夜にジョギングにでました。

ほぼ満月の夜。

光がしらさぎ大橋と川面に降りそそいでいました。

 

吉野川の堤防。

贅沢なジョギンングコースです。

平成29年度 県西部地区 創業セミナー 第1回の講師をしました。

とくしま産業振興機構主催のセミナーです。

創業の心構えということで、2時間程話をさせていただきました。

今回の参加メンバーの特徴は、

真面目で、地域の課題を見据えていて、それをどうにかしたいと起業を考えているところ。

講義中は、反応が薄くて不安もあったのですが、

グループディスカッションは活発だったし、

何より、帰りがけには、楽しかったですと何人かが声を掛けて言ってくれたのがうれしかったです。

 

創業のきっかけになれば、何よりです。

びっくり新町、徳島市東新町商店街の入り口で、お餅を七輪で焼いて販売しました。

炭に着火させるところから始めて、金網で餅が焼ける状態まで1時間弱。

その時には火の勢いが強すぎて、お餅はあっという間に黒焦げに・・

 

 

けど、食べてみると、うまい〜。

香ばしさがある焼き餅を久しぶりに口にした気がします。

 

今回は、2月17日、18日に本格的に売ろうとする予行練習。

びっくり起業塾の一環で、実際に売ってみることから始める派生実習の準備としてまずやってみました。

 

収穫は、

おいしいと実感できたこと。

醤油つけ焼きの販売の仕方に工夫が生まれたこと。

そして、何より実際買ってくれることで、やる気がぐんと上がること。

などなど。

もちろん課題もたくさん出てきましたので、それをどうするか考えながらになりますが・・

 

17日、18日には、是非食べに来てください。

ホントに味は抜群です!

 

 

 

 

 

 

 

 

徳島大学生物資源産業学部のビジネスプラン発表会にコメンテーターとして出席させていただきました。

 

学生らしいビジネスプランで、みなさん内容も、パワーポイント資料もよくできていました。

解決しようとする課題、顧客ニーズ、アイデア、具体的な取り組み、売り上げ規模や収支。

さすがに全部が完璧というわけではないですが、それらを頑張って表現していて、私も勉強になりました。

中には、果敢に数十億円の事業を計画しているグループもいて頼もしいです。

それを数字化したり具体化していく意義はあると思います。

 

大学1年生の発表でしたが、高いレベルを追求し講義を行ってきた里見さんの努力にも頭が下がります。

 

 

この学生の中から、起業家が生まれてくるのが楽しみです。

 

シンデレラストーリー 〜ビジネスプランコンテスト〜 のプレゼン日でした。

審査員として出席。

 

審査項目としてある熱意なんか、ここでプレゼンできる人たちは十分あるよなぁと思いながら…

それと、女性は本番に強い❗

アドバイスをしていた時点では心配だった人たちも、本番では堂々としてますね。

 

今はアイデアでしかない事業も、こうやってプレゼンすることで、歩みだしていくのが楽しみです。

プレゼンした方達、お疲れさまでした。

こちらも、元気をいただきました。