徳島県女性起業塾のキックオフセミナーに。

花咲かねーさん企業組合の主催です。

 

もう5年目になるんですね。

僕自身は、直接開催には係わっていないのですが、

この起業塾の主催者や参加者とは、

多くの方と繋がっていています。

 

初めは、なんとなく聞きに来たというような人でも、

参加して、成長して、立派に起業されているという方が何人もいます。

 

今日は、

「徳島の先輩起業家ストーリー」という題目で、

3名の女性起業家の講演でした。

 

まずは、カフェ&カルチャークレヨン 藤田さんの話。

カフェ&カルチャクレヨン 藤田さん

この初回のキックオフセミナーで大きな衝撃を受けて、

そこでいただいた言葉を携帯の待ち受け画面にしていたそう。

その当時考えていた構想とは、場所も内容も変わっていても、

「子供たちが戻って来られる、地域作り」

のコンセプトはずっと持ち続けられている。

実際、自分の子供たちも、おかあさんが立ち上げた

「クレヨン」を誇りに思ってくれているという話でした。

 

2人目の登壇者は、

着物ふりく 本庄さん

着物ふりく 本庄さん

 

和裁を学び始めた後、20歳そこそこで、

身体一つで京都に修行に出てからのストーリー。

着物界のサラブレッド達との差を身に染みて感じながら、

何とか這い上げってきた日々や、

意外と収入がたくさん入ってきて、世の中をなめていた日々のこと。

やりたかったカフェスペースを備えた振袖のレンタル店をオープン

させたものの、

オープンセールが終わると、来客がほとんどなく、

早朝、昼、夜と、働きながら踏ん張っていたこと。

でも、インターネットに活路を見出し、

今は年々売上を増加させている。

周りは何かやろうとすれば、すぐに、

「失敗するからやめとき」と口をそろえて言うけど、

止める意味が全く分からなかったので、

自分で起業の初志を貫徹し、切り開いてきた本庄さん。

等身大の言葉で包み隠さず話をする姿が素敵でした。

 

最後は、

柚りっこ 三澤さん。

柚りっこ 三澤さん

 

廃棄物として捨てられてしまう、絞った後の柚子の皮を見て、

何で使えるものを捨ててしまうんだろうという

もったいなさから、商品を作り始めたという話。

APECのセミナーでスピーチしたり、マスコミで取り上げられることも多いのですが、

本人は、良いものを届けたいと願い、日夜動く、純粋な働き者。

催事に出たら、大声で客に呼びかけ、1日中商品を売る人。

80歳に近づいても、まだ夢が広がっているパワーの持ち主でした。

 

今日の3者とも、

やり始め売るときに、自分は何がしたいのかがはっきりしている。

けど、環境・状況に応じて、柔軟にやり方は変化させている。

そして、何より、「人のものさし」ではなく、

「自分のものさし」で動いていて、

それが、その人の魅力を作っていると強く感じました。

 

こうやって、人それぞれのストーリーを聞くことは、

それぞれ取り方は違うでしょうが、

起業する人にとって、とても貴重な機会だと思います。

機会を見つけて、積極的に聞かれることをお勧めします。

 

女性起業塾のFacebookページは、

http://www.facebook.com/events/641521992861686/?event_time_id=641522006195018

 

カフェ&カルチャークレヨンのWebサイトは、

http://creyon.net/cafe.html

 

着物ふりくのWebサイトは、

http://kimono-furiku.com/

 

柚りっこのWebサイトは、

http://www.yuzurikko.jp/hpgen/HPB/categories/10583.html

 

です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バンクミーティング。

 

借入金をリスケジュールした企業の、状況説明のための会議です。

銀行でのミーティング

 

国の制度を使って、借入のリスケジュールの計画を立てる

お手伝いをさせていただきました。

その後3年間は、モニタリングということで、

同様に国の補助をいただきながら、

事業の状況を捉え、時に厳しい事も言いながら、

事業所をサポートします。

そして、事業計画の経過を金融機関に報告し、

事業所への指摘やアドバイスをいただく場が、

バンクミーティングです。

 

今回は補助をいただける3年間は過ぎましたが、

引き続き、バンクミーティングを取り持つ立場をご指名いただきました。

ありがたいことです。

 

計画通りに売上も利益も確保する事は、なかなか難しいですが、

それでも、事業所が、いろんな面で成長していくことで、

継続していける可能性を感じられます。

 

中小企業診断士の醍醐味の一つです。

 

本年度、第1回目の「あったかビジネス」審査会

 

あったかビジネス審査会 看板

 

創業5年以内の、徳島県で創業する、地域に根ざした

特徴ある企業を認定する制度です。

 

あったかビジネスポスター

 

今日は、合計8件の審査が行われ、全部承認されました。

事業としては、まだ海の物とも山の物ともわからないような物もあります。

 

けど、ここで審査されるために、計画を練り、

また、熱意を伝えることができる事業者は、

それだけで成功に近づけらられるといって過言ではありません。

創業した企業の多くが、数年後には半減し、

10年後に生き残っているのは1割とか言われていますが、

この認定を受けた企業のほとんどは

実際、今も元気に活動をしています。

 

僕自身、このあったかビジネスの申請書をお手伝いする時は、

できるだけ創業者自身が、事業計画作成に向き合えるように

事業者への問いかけを繰り返しています。

なので、時には多くのストレスを与えてしまっているかもしれません。

でも、その問いかけに意味があると信じています。

 

いつもは、とくしま産業振興機構の会議室で行われることが多い

この審査。

今日は、健康科学総合センターで行われました。

 

昼は、その近くのアグリカフェコモドへ。

 

アグリカフェコモドカからの景色

 

そこから、健康科学総合センターが見えました。

 

あったかビジネスのwebサイトは、

http://www.our-think.or.jp/?mode=detail&p=2229

facebookページは、

http://www.facebook.com/aiooichi/

です。

 

 

 

 

 

 

あわぎん創業スクールにオブザーバーとして出席しました。

 

今日(6月16日)から、前半6回、後半6回の計12回で開始されます。

2年前(だったっけ)のスタートから、時々参加させていただいています。

特に、事業計画作成のお手伝いを中心に。

 

あわぎん創業スクール

 

約20人の参加。

第1回から、みなさんコミュニケーションがができて活発だったのが印象的。

 

阿波銀行 里さんの、実際の店舗を外から検証しての、収支予想の作成。

知財総合支援窓口 青木さんの、商標登録、意匠登録などの話。

興味深く、受講されていました。

 

創業時に大事になってくるのは、

こういう場で、同じ思いを持っているポジティブな仲間たち。

多くの交流を持ちながら、創業を実現していって欲しいなと思います。

 

あわぎん創業スクール案内のwebサイトは、

http://www.awabank.co.jp/files/6515/2782/9923/news20180601.pdf

です。

話題の映画「万引き家族」を見てきました。

 

この頃の世の中って、人はそれぞれ違うのに、

社会の価値感を合わせるのが好きだな〜

て感じて違和感があるのですが、

この題名から、違った価値感の大事さを訴えってくれるのかなと、

是非見たい映画でした。

 

見る人によって、さまざまな感想を持つ映画になっていると思います。

 

僕の場合、

大事な場面で何度か出てくる、

この家族や、心を繋げたい人とが、肌で触れ合う場面が素敵でした。

それは、ただ抱きしめたり、傷をなでたり、手をつないだり。

そんな場面の度に、涙腺が緩んでいました。

 

人工知能だと、すぐにエラーだと判断してしまうようなこの家族。

そんなエラーだだらけの生き方が、愛おしく感じられる映画でした。

 

他にもいろいろ感じること多いですが、

見た人それぞれで、感じて欲しい映画なので、あまり語らずに・・・

 

万引き家族のポスター

 

 

 

 

徳島県中小企業診断士会の総会

 

徳島県中小企業診断士会総会

 

私に関することでいえば、理事に再任されたこと。

寂しくなったのは、山中副会長、三浦監事が退任されたこと。

いつも、中小企業診断士とはこうあるべき

という情報・考え方を示していただいていた方たちでした。

そのお考えを引き継ぎ、新役員も交え、診断士の社会認知度を

上げていけるようにしていきたいものです。

 

徳島県中小企業診断士懇親会の締め

 

総会の後は、支援各機関・金融機関を交えての懇親会
毎年恒例なのは、会の締め方。

診断士は、企業をバンザイさせるのはご法度ということで、

ヨイショ、ヨイショ、ヨイショの三唱。

 

この後、二次会に行った後、

4月にオープンしたばかりのnas.cafeさんへ、酔い覚ましに。

徳島県中小企業診断士会懇親会の締め

徳島では珍しい(初?)コールドプレスジュースの専門店です。

低温でゆっくり搾り取っているので、野菜そのものの味・栄養を壊さずに

いただけます。

夜は、アルコールも出しています。

 

この日は、隣に座った、若い兄ちゃん(昨日24歳になったばかりらしい)

との話が、盛り上がりまくり。

始めは、ただの気の良い兄ちゃんと思って、軽い話ばかりだったのですが、

心理学を学んでいたということを話し始めました。

そのきっかけは、純粋な人が、自分勝手な人のワガママで割をくって、

傷ついてしまうことを

何か救うことができないかと思ってのことらしい。

 

また、いつかは実家(高知県らしい)で仕事を引き継ぎたいという話も。

それは、お父さんが、事業を失敗させて周りからの信頼を失ってしまったのち、

違う事業を立ち上げて成功させ、負債を完全になくした。

その父の努力を全部理解してあげられるのは自分だけなので、

その気持ちに沿いたいからとのこと。

 

nas cafe でのケールビア

 

再び、アルコール(ケールビール)に。

いい奴っているもんだわ。楽しかった。

 

nas cafeのFacebookページは、

http://www.facebook.com/nas.cafe0401/

 

徳島県中小企業診断士会のwebサイトは、

http://www5.plala.or.jp/jsmeca36/index.html

 

です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日のお昼は、

「kira house」へ。

あったかビジネスの認定企業です。

 

kira house 外観

 

店長との付き合いは長く、

中小企業診断士の事業で、スタッフとして働いてくれて以来。

 

当時は、どちらかというと、

働きアリを100匹を集めると、動かない20匹が現れるというそっちの方。

(ゴメンネ)

でも、今では、働き過ぎを心配するほどの働き者に。

 

このカフェをやりだしたきっかけは、

夫婦で住む家を探していたとき、

弁当やと中華料理屋を営んでいた年配の夫婦が、

弁当やを引き継ぐことを条件で家を譲ってくれたことから。

そんな事業承継もあるんだなあ。

 

調理技術を日夜学び、弁当やを実際引き継いだ。

そして、中華料理屋は、このカフェと化してオープンに漕ぎつけた。

 

学んだ調理技術で、味はしっかりプロの味となり、

内装は彼女らしく、おしゃれな店に。

 

kira house 内観

 

今日食べたのは、日替わりランチの

チーズめんたいこドリア。

 

日替わりランチ チーズめんたいこドリア

 

ここに来るときって、

僕自身が、何か新しい試みを始めたいときに、

勇気をもらいに来る時かもしれないと思う。

 

kira house の facebook ページは、

http://www.facebook.com/kirahouse1120/

instagramページは、

http://www.instagram.com/kirahouse1122/

です。

 

 

 

毎月、とくしま産業振興機構で、

「企業情報とくしま」

という冊子を発行しています。

徳島の企業の紹介や、徳島の話題を載せています。

 

今月(2018.6)の企業情報とくしまの

とくしま起業人という、

起業者紹介の1ページを担当させていただきました。

 

企業情報とくしまの記事

 

「Bilton Flower Design」

高級造花・ドライフラワーの専門店です。

徳島出身ですが、帰ってくる去年までは、

ロンドンの花屋さんで活躍していました。

 

「私では思いつかない言い回しで、素晴らしい文章力!

先生!がーさすだ!」

と、本人からも褒めていただきました。

自信になります 笑

 

企業情報とくしまの表紙の写真も、

「Bilton Flower Design」の店舗内観。

企業情報とくしま企業情報の表紙

 

この冊子に興味のある方は、長尾までお声掛けください。

 

「Bilton Flower Design」のwebサイトは、

https://www.biltonflowerdesign.com/

です。

 

 

 

 

 

 

 

  

6月1日は、

自然派ハム工房 リーベ・フラウの新加工場の

お披露目パーティーでした。

リーベフラウ加工場

 

6次産業化の

総合化事業計画作成のお手伝いをさせていただきましたが、

こんなパーティーにお招きいただき光栄です。

 

リーベフラウ加工場お披露目会

 

パーティーは、

リーベ・フラウの持つ、バーベキュー施設で行われましたので、

この新加工場で作られた、ハムやシュウマイなどを食べることができました。

とても、ウマイ。

 

お披露目会の様子

 

近藤店長さんの思い。

自分がやりたい商品づくりが、この加工場ができ、できるようになったこと。

それは、本場ドイツで、惨めな思いまでして習得してきた、加工技術。

 

それが、実現しようとしています。

私も、感慨深いです。

 

リーベ・フラウのwebサイトは、こちらからです。

http://wiener.co.jp/

 

 

ここのところ、

補助金申請のサポートが続いていました。

ものづくり補助金 4月27日まで。

持続化補助金 5月18日まで。

創業補助金 5月22日まで。(電子メールでは5月26日まで)

合わせると10件を超える申請書作成サポートをさせていただきました。

 

中でも、創業補助金の申請期間は、とても短かかったため、

短期間で事業計画のレベルを上げようと、

厳しめのサポートになってしまったかも。

 

それでも、

申請書を出せたり、

申請書作りの中で、事業の事をより考えるきっかけとなり、

まだ足りないことにも気づけましたと、

感謝の言葉もいただけました。

 

補助金といえば、

現在、IT導入補助金の募集期間でもあります。

今回、自分のWebサイトを立ち上げてみて、

Web戦略が事業に不可欠なことを、改めて実感できました。

このIT導入補助金のサポートも力を入れていきたいところです。

https://www.it-hojo.jp/

 

支援している事業者が補助金をいただけるよう

サポートしていく事は大事ですが、

上手くいかなくても、

その申請時の事業計画を通して、

事業が継続していけるようなサポートができればと思っています。

 

永平寺 達磨大師の絵

この絵は、先日訪れた、

永平寺の達磨大師の絵。

「七転び八起き」

を、自分も実践しながら、事業者にも伝えていきたいものです。

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM