6次化の総合化事業計画の支援で、県西部へ。

 

先週末の雪が、まだ残っていました。

平地でもこんなに残っているのは珍しいですね。

 

 

 

 

 

鳴門競艇場での、「ねこねこフェスティバル」というイベントに行ってきた。

 

知っている人も多く出展していた。

12月末に終わった、「とくしま創業塾」に出席してくれていた「howatto」さんのシフォンケーキは既に売り切れ。

昼ごろには完売していたそう。

 

イベント以外でも口にできるようにしてほしいなぁ。

今日のお昼は、石井町の大繁盛店「うどん ふじい」。

(徳島県名西郡石井町高原東高原182-1)

 

昨年、元々の店舗から少し西のコンビニ後に移転。

駐車場が狭いことだけが難点だったけど、コンビニ後に移ったことで駐車場不足はほぼ解消。

それでもほぼ埋まってたけど。

うどん ふじい

 

あいかわらず、ボリュームがすごい。

ぶっかけ(中)で、この量。(350円)

 

 

移転前に少し相談をいただき、応援してたけど、

大正解の移転でしたね。

 

 

先日、あべのハルカスに行った際、

ハルカス美術館で「ジブリの立体構造物展」というのをやっていて、ふと立ち寄った。

といっても、何十分待ちという中見てきたので、ふととは言えないけど。

(帰る頃にはさらに混雑していて、すごい人気でした。)

 

ジブリの構造物は、アニメとして目にするだけでも、創造力やその繊細さに感心するが、

それを描くまでの、デッサンや設計、一つ一つの道具などへのこだわりなど、圧倒される。

 

その中で、千と千尋の神隠しのコーナーだったと思うが、蒸気について書かれていたところで考えさせられた。

産業革命は、技師や職人の日々の活動においてなされたのであって、学者・先生によってなされたのではないとのこと。

調べてみると、産業革命は1760年から1830年頃という長期間における世の変革を、1837年に経済学者が「産業革命」とという言葉を初めて使い、1844年以降にその言葉が普及していったらしい。

数多くの技師や職人が、アイデアを幾重も積み重ねてきた結果があの産業革命だと思うと産業革命の見方が変わってくる。

 

改めて、何かを変えるのは、結局、1人1人の民衆の発想や行動の積み重ねなのだと思いを強くした。

創業セミナーで講師をしたり、創業者や事業者のアドバイスをしたりする立場でいるなか、

遅ればせながら自分自身もブログを始めました。

春頃には、ホームページも整備する予定で動いています。

 

最初の投稿は、えべっさん 参り。

支援させていただいている方達も、自分も、「商売繁盛」 を願って。

良い年にしましょう!

 


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM