持続化補助金(平成29年度補正予算「小規模事業者持続化補助金(小規模事業者支援パッケージ事業)」)の公募が始まりました。

2月ごろから、もう出るといわれ続けながら、やっと、3月9日に公募が開始されました。

50万円の補助上限額(補助対象経費の2/3 補助率)

  100万円(賃上げ、海外展開、買物弱者対策)
  500万円(複数の事業者が連携した共同事業)

は変わりません。

 

本公募においては、事業承継に向けた取り組み、

生産性向上のための設備投資に向けた取組を行う事業者や、

過疎地域という極めて厳しい経営環境の中で販路開拓に取り組む事業者についても、

重点的な支援を図ります。

ということもうたわれています。

 

公募期間は、

平成30年3月9日(金)〜平成30年5月18日(金)

まだまだ期日があると思いがちですが、早めの用意に越したことはないです。

 

あくまでも販路開拓の取り組み。

いつも、セミナーで言っていることですが、

ターゲット、商品、売り方を現状と比較してどう変えるかを表すのがポイントです。

 

わからないことがあれば、気軽に相談してください。

 

公募要領は、

商工会議所地域は、

http://h29.jizokukahojokin.info/

 

商工会地域は、

http://www.shokokai.or.jp/?post_type=annais&p=5703

にあります。

徳島県、商工会地域の方は、徳島県商工会連合会のページにもあるので、こちらを参考に。

http://www.shokokai.or.jp/36/3600210000/index.htm#sin51457

 

 

経営をしていると、弁護士が必要となることがあります。

それは、紛争するということだけではなく、きちんと整理して前に進むときに必要となることも。

 

それなりに士業を続けていると、弁護士さんも何人か知り合いができます。

日頃意識していないですが、それは大きな力となってくれています。

 

今日は、弁護士さんを紹介する仕事となりました。

案件からすると、この弁護士さんがいいかなと。

弁護士さんの方から、

「わかりました。それは、関わる皆さんが、それぞれ気持ちよく納得する解決ができたら」

と言っていただきました。

そうなるよう、私も微力ながら、支援できればと思っています。


神山の桜のある風景

 

支援企業の方の、別れ際の涙が胸の中に残っています。

前に進んでいけますよう。

 

 

 

3週間後に徳島マラソンをひかえて、ロング走をしました。

スタート時は、いい天気。

そんなに寒くないし、吉野川の川沿を気持ち良く。

たまたま、すれ違ったチームで走ってる人の中に姉を発見。

トクマラ前の走り時なんでしょうね。

水門近くからみた吉野川と讃岐山脈。

地蔵院まで、ここで12km位かな。

走りながら、見つけた春。


この後は、歩いたり、休んだりしながら、30km弱を走りました。


帰りついた頃は、曇り空に。


なんとかロング走ができて良かった。

後は、本番、どこまでガンバれるかですね。

とくしま産業振興機構

平成29年度 県西部地区 創業セミナー 第4回でした。

 

第4回西部創業セミナーの様子

第4回は、告知通り、プレゼンテーションの日。

出だしは、今回のセミナーで触れらていなかった会計の話。

損益分岐点について、実例から学んでいただきました。

 

そしてプレゼンテーションタイム。

合計8人の方が挑戦してくれました。

 

第4回西部創業セミナーのプレゼンテーションの様子

 

創業セミナーでプレゼンテーションをすると、

多くの人が、制限時間を超えてしまいます。

今回は、プレゼンテーションに挑戦するのがテーマなので、

時間は気にせず、自由に発表してもらいました。

 

あまりしゃべらないタイプに見えてた人も、

しゃべりだすと、たくさんしゃべってくれる人も。

それだけ、創業に対する思いが強いことを思い知らされます。

 

プレゼンテーションに対して質疑を促しているうちに

あっという間に時間が過ぎていきました。

 

セミナー終了後も、

多くの方が、意見交換をしてくれている姿が嬉しい。

貴重な夜の時間を割いて、セミナーに参加してきてくれた人たち。

何らかの形で、夢を実現させて欲しいと思います。

もちろん、必要なアドバイスをしながら。

 

できることから少しづつ夢を広げていってください。

 

本日の午後は、農商工連携 マッチング・相談会

徳島県・徳島経済産業会館農商工連携トータルサポートセンターの事業

 

農商工連携マッチング・相談会の全景

6次化プランナーとしてのマッチングの促進に励んでいました。

最初に話をさせていただいた、福村農園さんのブルーベリーワインに興味を持ちました。

アルコール度が7度で、ほぼ無農薬。

完熟させたブルーベリーによる加工化です。

可能性を感じる商品でした。

 

他にも、うどん店と野菜栽培を結び付けたり、

何個かのマッチングをサポートしました。

せっかくの場なので、情報交換が多くできればいいですよね。

 

私自身も、いろいろな情報、ヒントを得られました。

 

休憩時には、特産物を使ったアイスやイチゴなどもいただけたりして。

休憩時間のアイス

 

そして、夜は、

石井町商工会の、

経営計画書作成セミナーの後半の講師をさせていただきました。

 

先週に引き続き、

持続化補助金の経営計画を書くことをテーマに

前半は講義、そし後半は個別相談をしました。

経営計画書作成セミナー後半

 

現状の何が課題なのかを捉えて、

販路拡大を図るのか。

出席いただいた各事業所さんの

経営計画の方向性を整理していきました。

 

このような補助金申請で書くことを考えながら、

経営計画に向き合ってもらい、

各事業所の、経営改善の何かのヒントになればと思います。

 

 

 

 

平成29年度 県西部地区 創業セミナー 第3回でした。

とくしま産業振興機構主催のセミナーです。

今回の講師は、平井コーディネーター

 

西部創業セミナー 第3回の様子

 

今回僕が参加したのは、2週間後の最終日に行う、

プレゼンテーションへの参加意向を確認するため。

自分のやりたい事業をプレゼンテーションしてもらうのですが、

 

5分〜7分ほどで、プレゼンテーションをやる方

1分〜2分で、簡単にやりたいことのアピールをする方

全然やりたくないという方

に分けて、それぞれどれを選ぶか、意向を聞きました。

ほとんどの方が、プレゼンテーションしてくれるという意向を示してくれました。

 

このプレゼンテーションの目的は、

伝えながら、自分の頭の中を整理することと

共感してもらい、仲間を広げること。

遠慮して、人のプレゼンを聞くことに徹する事は簡単ですが、

せっかく起業のアイデアがあって勉強しているのであれば、

プレゼンに挑戦して欲しいと思っています。

 

でも、プレゼンしないのも、一つの選択肢。

プレゼンをすることがプレッシャーで、

そんなことする位ならセミナーに出ないとなれば、本末転倒になりますから。

まだまだ、自分の胸の中でアイデアを温めておきたいことも、ありますものね。

 

今回は、大勢がプレゼンの意向を示してくれて、

嬉しく思っています。

第4回が楽しみです。

 

この創業セミナーのHPを貼っておきますので、

興味のある方は、覗いてみてください。

セミナーは既に始まっていますが、途中からの参加もokです。

 

南部セミナー

https://www.our-think.or.jp/?mode=detail&p=301458

西部セミナー

https://www.our-think.or.jp/?mode=detail&p=301465

startup weekend in 徳島 のプレゼンテーションを聴講に行ってきました。

 

場所は四国大学西部サテライトオフィス。

startup weekendは、2007年、アメリカのシアトルがはっしょう発祥らしいです。

その後、世界中へ広まり、世界700都市で1,500回以上開催されてきたとのこと。

 

この、startup weekendが、四国大学などがスポンサーになり、2月23日から25日まで開催されました。

 

startup weekendの様子

 

この期間に練り上げたプレゼンテーション。

びっくり起業塾の僕の生徒も、プレゼンテーションに参加していました。

立派!

 

聴いてみて、

良いところは、ニーズの実地調査をしていることもあり、

問題解決のスタンスは感じられました。

ただ、顧客獲得のための工夫や、売上獲得のための工夫はまだまだという感も。

 

startup weekendのプレゼンテーション1

startup weekendのプレゼンテーション2

startup weekendのプレゼンテーション3

ただ、今回のファシリテーター Lee DongYol さんもおっしゃっていました。

今回の起業体験での、レベルは低いかもしれない。

でも、この経験を生かして、

また、今日このコミュニティで会った人と、違う起業体験をして、

また学んで。

それを繰り返していけば、起業が生まれる。

 

確かに、起業って、そういうことだと同感しました。

 

 

このstartup weekend in tokushima に興味ある人は、

次のホームページを覗いてみてください。

 

https://swtokushima.doorkeeper.jp/events/69819

 

 

 

 

2月20日は、

午後から、徳島県中小企業団体中央会の

「組合等事業連携マッチング交流会」

夜には、石井町商工会の

「経営計画書作成セミナー」

でした。

 

組合等事業連携マッチング交流会では、

商品を開発して、その販路を広げたい業者と販売する商品をさがしている業者などを

結び付けていくコーディネート役を仰せつかりました。

組合等事業連携マッチング交流会の看板

 

今回コーディネート役をしながら感じたことは、

製品を作った側は、その作った想いを伝えたいので、どんどんしゃべってしまうこと。

それを欲しいと思っている側の意見や感想を、聞き出すことを忘れているよう・・

そのコントロールをすることに終始しました。

想いを込めた商品なんで、そうなってしまうんでしょうね。

 

こういったマッチングは、その瞬間に双方の方向性が合う事は難しいと思います。

けど、人脈を広げること、事業内容を知ってもらうことで、

何かのタイミングで、協力が生まれる可能性が膨らみます。

貴重な場だったと思います。

 

私自身も、多くの方と名刺交換をして、

情報を多くいただきました。

次につながるだろう出会いもありました。

 

 

経営計画書作成セミナーでは、

まだ募集は開始されていませんが、

持続化補助金の申請書作成をテーマに話をさせていただきました。

 

経営計画書作成セミナーの様子

 

持続化補助金は特に、この申請書で記載されるポイントは、

販路開拓への取り組み。

これを、的確に表すのに必要なのは、

今の事業の「誰に、何を、どのように」

を、販路開拓への取り組みで

「誰に、何を、どのように」がどう変わるかだと思います。

 

このことを中心に話をさせていただいて、

後半は、参加者全員の、販路開拓の取組の枠組みを

個別相談させていただきました。

 

全員が、持続化補助金に挑戦して、採択されることを願います。

 

石井町商工会のこのセミナーの案内チラシを貼っておきます。

石井町商工会のセミナー案内チラシ

 

 

 

 

 

 

 

 

平成29年度 県南部地区 創業セミナー 第3回の講師をしました。

とくしま産業振興機構主催のセミナーです。

 

第3回南部創業セミナーの開始前

 

このセミナーは、とくしま産業振興機構の創業コーディネーター3人が講師をしています。

南部の第1回は平井コーディネーター。

第2回は里見コーディネーター。

そして、第3回が私。

各回のテーマは定めているのですが、それに拘らず、

それぞれの得意な創業の話〜いわゆる鉄板ネタ〜を伝えていく事に主眼を置いています。

 

徳島県で創業を主体として話をしている講師は、この3人の他にあまりいないので、

自分から言うのも何ですが、この3人それぞれの視点からの創業について

の話を聞ける機会はけっこう貴重なのではないかと思っています。

 

今回は、

法人(事業)を育てる視点の話。

事業領域(ドメイン)の話。

マーケティングの話。

プレゼンテーションのポイントの話。

をしました。

 

その中で、

参加者に、やろうとしている事業を発表してもらい、

それをお互いで、質問や意見を言い合う形を取ったのですが、

思いの他盛り上がり、白熱しました。

人ってみんな考え方が違うので、こうやって他の人の意見を聞くのは大事だと思っています。

 

反省点は、3人の講師が思い思いにやると、ある部分は良く似た内容になってしまっていたようです。

これは、次回の修正ポイントですね。

 

この創業セミナーのHPを貼っておきますので、

興味のある方は、覗いてみてください。

セミナーは既に始まっていますが、途中からの参加もokです。

 

南部セミナー

https://www.our-think.or.jp/?mode=detail&p=301458

 

西部セミナー

https://www.our-think.or.jp/?mode=detail&p=301465

 

17日、18日と、徳島市東新町商店街入口で、お餅を七輪で焼いて販売しました。

 

この両日とも、商店街界隈では、プチアソビという、アニメのイベントが行われていました。

なので、人通りは、結構多いなかでの販売となりました。

七輪で焼いたお餅の販売の様子

1月27日に、予行練習をやっていた学生さん中心のオペレートでしたが、

一度やっている分、焼き方や販売も随分スムーズになっていました。

その甲斐もあって、両日合わせて100個は優に超えるお餅を売ることができました。

 

お餅が膨らむ様子

 

起業塾の派生授業として行った、このお餅販売。

まずは、売ってみて勉強するということでやりましたが、実際多くの学びがあったと思います。

 

販売としては、

七輪のお餅は、興味を持ってくれるし、実際買ってくれること。

子供から、お年寄りまで、幅広く購入層がいること。

(日曜日の18日は子供連れの購入が多かったです。)

アニメのイベント中は購入者はほとんどいないけど、その後買いに来てくれる人がいること。

 

経営としては、

もう少し、高い値段でも買ってくれる工夫をしないと、数が売れる割に薄利なこと。

通行している人にだけしかわからない販売だったけど、もっと皆さんに知ってもらえる工夫もあるかもしれないこと。

などなど。

 

次回の講義では、実際に行った今日の結果を踏まえて、

ディスカッションが広がるような講義にできれればと思っています。

 

この販売の元となっている、びっくり起業塾に興味のある方は、

このfaceboookページをご覧になってください。

https://www.facebook.com/b.kigyoujyuku/

 

 

 

 

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM