農薬を使わず育てている、

福村農園さんのブルーベリー。

 

6月前から出荷が始まっているそうです。

福村農園のブルーベリー

 

果実をちぎって、何種類かのブルーベリーを

食べさせて頂きました。

 

ブルーベリーの果実

 

木の種類や熟してるかどうかで、

すごく甘かったり、酸っぱかったりします。

 

農薬の心配がないので、そのまま食べれるのがありがたい。

 

ブルーベリー(これは規格はずれのもの)

 

8月頃まで摘み取りが続くそうです。

 

福村農園のwebサイトです。

http://wwwa.pikara.ne.jp/f-blueberry/index.html

 

 

第4回ステップアップセミナーを開催しました。

とくしま産業振興機構主催、

創業チーム企画のセミナーです。

 

創業者のフォローアップの一環。

創業者だけに限らず、事業者同士の輪を広げるということと、

事業における(特に販路開拓)ヒントの一つにして欲しいと始めました。

なので、セミナーの後は交流会も毎回行っています。

 

この第4回の主旨は、

商品やサービスの内容を、どのように語って伝えていくか。

約90名もの人が集まってくれました。

 

ステップアップセミナーの様子

 

一人目の登壇者は、野田ハニー食品工業蝓〔酖勅卍

「メーカー系 ネット単品通販のススメ」

ステップアップセミナー野田ハニー食品工業 野田社長の講演

ネット通販での販売を実践されている野田社長。

メーカー系オリジナル商品と自社商品の立ち位置を捉え、

どのような工夫をして、検索者に向けてヒットするようにしたか。

また、キーワードの選び方や

webサイトのページ数をできるだけ増やすこと等、

実際にザクロジュースで実施したことを例に、

紹介していただけました。

「マーケットインに捉われず、自分が売りたいものをまず設定する。

そうすることが、商売を続ける原動力になるでしょ?」

という言葉も印象的でした。

 

二人目の登壇者は、螢僖奪院璽絃庄此‐庄瑳卍

「安売りよ、さらば! 〜パッケージを変え、売上を変える〜」

ステップアップセミナー パッケージ松浦 松浦社長の講演

自分は、代表取締役というより、パッケージマーケッターなんだ

という訴えから始まった講演。

パッケージマーケッターという言葉を商標登録し、

これを堂々と名乗れるのは自分だけなのだそう。

水にこだわる、素材にこだわるなど、

その業界の常識や当たり前のことへのこだわりを

必死に訴えたがる人が多いけど、

「そんなん、消費者にとったら、実はどーでもいいこと。そうでしょ?」

当たり前のことに執着する頭を柔らかくして、

別の視点から、その人独特のこだわりを訴求していく。

そんなヒントを与えてくれるお話でした。

 

最後の登壇者は、

川口映像事務所 川口 鑑子・泰吾 夫婦

「ウェブサイトでの動画活用の実例」

ステップアップセミナー 川口映像事務所 川口夫妻

普段の人・風景を、その普通にスポットを当てて、

かつ魅力を引き出す動画を製作しています。

素人を、普通に自然な状態で映しているけど、その人の魅力を伝える。

鑑子さんが、インタビューをしてそちらに集中させているうちに、

泰吾さんが、その人から出てくる自然な表情を撮影する。

実際にウェブサイトに掲載した動画を見せてくれましたが、

そこには、表情やしぐさが輝く素人さんが映し出されていました。

その映像の奥には、Whyやhow、whomなどを追求した、

ち密な構成があります。

動画の投稿も身近になってきた今、参考になったかと思います。

 

講演の後は、平井創業コーディネーターの進行による

4名の講師のパネルディスカッション。

ステップアップセミナー パネルディスカッション

 

それぞれの講師の方の、

こだわりや、押したいところ、共通点等を深堀りしていきました。

人やモノの魅力を、

それを受け取る側(消費者)が反応するキーワードに向けて

同調させていくこと、

それを、一見非常識だけど、実はシンプルに実直にしていること

が共通点のように感じました。

 

講師の皆さん全員、伝えたいことを明確に絞り込み、

短時間の中でも、多くの学びを与えていただけたと思います。

ありがとうございました。

 

そして、第1部終了の後は交流会。

ステップアップセミナー 交流会

事業者同士、また、各支援機関の方も交え、多くの交流が生まれていました。

今年の参加者の特徴は、初めから皆さん、どんどん動いていたこと。

最初にそのような空気になると、相乗効果が生まれ、

至るところで名刺交換、情報交換が。

これだけの名刺を集めるのには、日常だと何週間かかるんだろう。

 

この日の学びをヒントに、そして出会いを大切にして欲しいなと思います。

たくさんの方から、遠慮なく相談や

状況報告が来ることを楽しみにしています。

 

野田ハニー食品工業蠅webサイトは

https://www.nodahoney.com/

 

螢僖奪院璽絃庄困webサイトは

http://www.p-matsuura.co.jp/

 

川口映像事務所のwebサイトは

http://kawaguchifilm.com/

 

です。

 

 

 

 

 

 

サザンオールスターズのライブ・ビューイング。

イオンシネマでのイベントに知人が誘ってくれました。

 

デビュー40周年。

40年前の6月25日がデビューだったんですね。

NHKホールでのライブを全国の映画館で同時にビューイングできました。

 

サザンオールスターズのライブビューイング

 

サザンオールスターズのデビューは中学生の時。

ベストテンや夜のヒットスタジオでのパフォーマンスは今でも鮮明な記憶です。

それからは熱中していた時期もあったり、遠ざかっていた時期もあったり。

ずっと猛烈なファンもいると思うので、その方たちには引け目を感じる部分もあります。

 

ライブに参加したのは今回初めてだったのですが、

改めて感じたことは、

桑田佳祐は、つくづく詩人だなあと。

その時代を反映していたり、

世の中を皮肉っていたり、

結構重いメッセージを、軽快にかっこよく歌っていたり。

そして、いつも、何かにエールを送り続けていたんですね。

ライブビューイングということで、スクリーンに歌詞が映し出されるので、

それが、すごくよくわかりました。

 

あー楽しかった。

誘っていただいて、ありがとうございました。

カラオケで歌いたくなりました 笑

 

YOUTUBEで見つけた、

東京VICTORYを

http://www.youtube.com/watch?v=jYbalGCy_4k

 

 

 

 

 

徳島県女性起業塾のキックオフセミナーに。

花咲かねーさん企業組合の主催です。

 

もう5年目になるんですね。

僕自身は、直接開催には係わっていないのですが、

この起業塾の主催者や参加者とは、

多くの方と繋がっていています。

 

初めは、なんとなく聞きに来たというような人でも、

参加して、成長して、立派に起業されているという方が何人もいます。

 

今日は、

「徳島の先輩起業家ストーリー」という題目で、

3名の女性起業家の講演でした。

 

まずは、カフェ&カルチャークレヨン 藤田さんの話。

カフェ&カルチャクレヨン 藤田さん

この初回のキックオフセミナーで大きな衝撃を受けて、

そこでいただいた言葉を携帯の待ち受け画面にしていたそう。

その当時考えていた構想とは、場所も内容も変わっていても、

「子供たちが戻って来られる、地域作り」

のコンセプトはずっと持ち続けられている。

実際、自分の子供たちも、おかあさんが立ち上げた

「クレヨン」を誇りに思ってくれているという話でした。

 

2人目の登壇者は、

着物ふりく 本庄さん

着物ふりく 本庄さん

 

和裁を学び始めた後、20歳そこそこで、

身体一つで京都に修行に出てからのストーリー。

着物界のサラブレッド達との差を身に染みて感じながら、

何とか這い上げってきた日々や、

意外と収入がたくさん入ってきて、世の中をなめていた日々のこと。

やりたかったカフェスペースを備えた振袖のレンタル店をオープン

させたものの、

オープンセールが終わると、来客がほとんどなく、

早朝、昼、夜と、働きながら踏ん張っていたこと。

でも、インターネットに活路を見出し、

今は年々売上を増加させている。

周りは何かやろうとすれば、すぐに、

「失敗するからやめとき」と口をそろえて言うけど、

止める意味が全く分からなかったので、

自分で起業の初志を貫徹し、切り開いてきた本庄さん。

等身大の言葉で包み隠さず話をする姿が素敵でした。

 

最後は、

柚りっこ 三澤さん。

柚りっこ 三澤さん

 

廃棄物として捨てられてしまう、絞った後の柚子の皮を見て、

何で使えるものを捨ててしまうんだろうという

もったいなさから、商品を作り始めたという話。

APECのセミナーでスピーチしたり、マスコミで取り上げられることも多いのですが、

本人は、良いものを届けたいと願い、日夜動く、純粋な働き者。

催事に出たら、大声で客に呼びかけ、1日中商品を売る人。

80歳に近づいても、まだ夢が広がっているパワーの持ち主でした。

 

今日の3者とも、

やり始め売るときに、自分は何がしたいのかがはっきりしている。

けど、環境・状況に応じて、柔軟にやり方は変化させている。

そして、何より、「人のものさし」ではなく、

「自分のものさし」で動いていて、

それが、その人の魅力を作っていると強く感じました。

 

こうやって、人それぞれのストーリーを聞くことは、

それぞれ取り方は違うでしょうが、

起業する人にとって、とても貴重な機会だと思います。

機会を見つけて、積極的に聞かれることをお勧めします。

 

女性起業塾のFacebookページは、

http://www.facebook.com/events/641521992861686/?event_time_id=641522006195018

 

カフェ&カルチャークレヨンのWebサイトは、

http://creyon.net/cafe.html

 

着物ふりくのWebサイトは、

http://kimono-furiku.com/

 

柚りっこのWebサイトは、

http://www.yuzurikko.jp/hpgen/HPB/categories/10583.html

 

です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バンクミーティング。

 

借入金をリスケジュールした企業の、状況説明のための会議です。

銀行でのミーティング

 

国の制度を使って、借入のリスケジュールの計画を立てる

お手伝いをさせていただきました。

その後3年間は、モニタリングということで、

同様に国の補助をいただきながら、

事業の状況を捉え、時に厳しい事も言いながら、

事業所をサポートします。

そして、事業計画の経過を金融機関に報告し、

事業所への指摘やアドバイスをいただく場が、

バンクミーティングです。

 

今回は補助をいただける3年間は過ぎましたが、

引き続き、バンクミーティングを取り持つ立場をご指名いただきました。

ありがたいことです。

 

計画通りに売上も利益も確保する事は、なかなか難しいですが、

それでも、事業所が、いろんな面で成長していくことで、

継続していける可能性を感じられます。

 

中小企業診断士の醍醐味の一つです。

 

本年度、第1回目の「あったかビジネス」審査会

 

あったかビジネス審査会 看板

 

創業5年以内の、徳島県で創業する、地域に根ざした

特徴ある企業を認定する制度です。

 

あったかビジネスポスター

 

今日は、合計8件の審査が行われ、全部承認されました。

事業としては、まだ海の物とも山の物ともわからないような物もあります。

 

けど、ここで審査されるために、計画を練り、

また、熱意を伝えることができる事業者は、

それだけで成功に近づけらられるといって過言ではありません。

創業した企業の多くが、数年後には半減し、

10年後に生き残っているのは1割とか言われていますが、

この認定を受けた企業のほとんどは

実際、今も元気に活動をしています。

 

僕自身、このあったかビジネスの申請書をお手伝いする時は、

できるだけ創業者自身が、事業計画作成に向き合えるように

事業者への問いかけを繰り返しています。

なので、時には多くのストレスを与えてしまっているかもしれません。

でも、その問いかけに意味があると信じています。

 

いつもは、とくしま産業振興機構の会議室で行われることが多い

この審査。

今日は、健康科学総合センターで行われました。

 

昼は、その近くのアグリカフェコモドへ。

 

アグリカフェコモドカからの景色

 

そこから、健康科学総合センターが見えました。

 

あったかビジネスのwebサイトは、

http://www.our-think.or.jp/?mode=detail&p=2229

facebookページは、

http://www.facebook.com/aiooichi/

です。

 

 

 

 

 

 

あわぎん創業スクールにオブザーバーとして出席しました。

 

今日(6月16日)から、前半6回、後半6回の計12回で開始されます。

2年前(だったっけ)のスタートから、時々参加させていただいています。

特に、事業計画作成のお手伝いを中心に。

 

あわぎん創業スクール

 

約20人の参加。

第1回から、みなさんコミュニケーションがができて活発だったのが印象的。

 

阿波銀行 里さんの、実際の店舗を外から検証しての、収支予想の作成。

知財総合支援窓口 青木さんの、商標登録、意匠登録などの話。

興味深く、受講されていました。

 

創業時に大事になってくるのは、

こういう場で、同じ思いを持っているポジティブな仲間たち。

多くの交流を持ちながら、創業を実現していって欲しいなと思います。

 

あわぎん創業スクール案内のwebサイトは、

http://www.awabank.co.jp/files/6515/2782/9923/news20180601.pdf

です。

話題の映画「万引き家族」を見てきました。

 

この頃の世の中って、人はそれぞれ違うのに、

社会の価値感を合わせるのが好きだな〜

て感じて違和感があるのですが、

この題名から、違った価値感の大事さを訴えってくれるのかなと、

是非見たい映画でした。

 

見る人によって、さまざまな感想を持つ映画になっていると思います。

 

僕の場合、

大事な場面で何度か出てくる、

この家族や、心を繋げたい人とが、肌で触れ合う場面が素敵でした。

それは、ただ抱きしめたり、傷をなでたり、手をつないだり。

そんな場面の度に、涙腺が緩んでいました。

 

人工知能だと、すぐにエラーだと判断してしまうようなこの家族。

そんなエラーだだらけの生き方が、愛おしく感じられる映画でした。

 

他にもいろいろ感じること多いですが、

見た人それぞれで、感じて欲しい映画なので、あまり語らずに・・・

 

万引き家族のポスター

 

 

 

 

徳島県中小企業診断士会の総会

 

徳島県中小企業診断士会総会

 

私に関することでいえば、理事に再任されたこと。

寂しくなったのは、山中副会長、三浦監事が退任されたこと。

いつも、中小企業診断士とはこうあるべき

という情報・考え方を示していただいていた方たちでした。

そのお考えを引き継ぎ、新役員も交え、診断士の社会認知度を

上げていけるようにしていきたいものです。

 

徳島県中小企業診断士懇親会の締め

 

総会の後は、支援各機関・金融機関を交えての懇親会
毎年恒例なのは、会の締め方。

診断士は、企業をバンザイさせるのはご法度ということで、

ヨイショ、ヨイショ、ヨイショの三唱。

 

この後、二次会に行った後、

4月にオープンしたばかりのnas.cafeさんへ、酔い覚ましに。

徳島県中小企業診断士会懇親会の締め

徳島では珍しい(初?)コールドプレスジュースの専門店です。

低温でゆっくり搾り取っているので、野菜そのものの味・栄養を壊さずに

いただけます。

夜は、アルコールも出しています。

 

この日は、隣に座った、若い兄ちゃん(昨日24歳になったばかりらしい)

との話が、盛り上がりまくり。

始めは、ただの気の良い兄ちゃんと思って、軽い話ばかりだったのですが、

心理学を学んでいたということを話し始めました。

そのきっかけは、純粋な人が、自分勝手な人のワガママで割をくって、

傷ついてしまうことを

何か救うことができないかと思ってのことらしい。

 

また、いつかは実家(高知県らしい)で仕事を引き継ぎたいという話も。

それは、お父さんが、事業を失敗させて周りからの信頼を失ってしまったのち、

違う事業を立ち上げて成功させ、負債を完全になくした。

その父の努力を全部理解してあげられるのは自分だけなので、

その気持ちに沿いたいからとのこと。

 

nas cafe でのケールビア

 

再び、アルコール(ケールビール)に。

いい奴っているもんだわ。楽しかった。

 

nas cafeのFacebookページは、

http://www.facebook.com/nas.cafe0401/

 

徳島県中小企業診断士会のwebサイトは、

http://www5.plala.or.jp/jsmeca36/index.html

 

です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日のお昼は、

「kira house」へ。

あったかビジネスの認定企業です。

 

kira house 外観

 

店長との付き合いは長く、

中小企業診断士の事業で、スタッフとして働いてくれて以来。

 

当時は、どちらかというと、

働きアリを100匹を集めると、動かない20匹が現れるというそっちの方。

(ゴメンネ)

でも、今では、働き過ぎを心配するほどの働き者に。

 

このカフェをやりだしたきっかけは、

夫婦で住む家を探していたとき、

弁当やと中華料理屋を営んでいた年配の夫婦が、

弁当やを引き継ぐことを条件で家を譲ってくれたことから。

そんな事業承継もあるんだなあ。

 

調理技術を日夜学び、弁当やを実際引き継いだ。

そして、中華料理屋は、このカフェと化してオープンに漕ぎつけた。

 

学んだ調理技術で、味はしっかりプロの味となり、

内装は彼女らしく、おしゃれな店に。

 

kira house 内観

 

今日食べたのは、日替わりランチの

チーズめんたいこドリア。

 

日替わりランチ チーズめんたいこドリア

 

ここに来るときって、

僕自身が、何か新しい試みを始めたいときに、

勇気をもらいに来る時かもしれないと思う。

 

kira house の facebook ページは、

http://www.facebook.com/kirahouse1120/

instagramページは、

http://www.instagram.com/kirahouse1122/

です。

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

 

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM