5月11日、

創業補助金(地域創造的起業補助金)の公募説明会を実施しました。

締め切りが5月22日ということで

応募される方にとっては、大急ぎの補助金となります。

創業補助金説明会

 

創業補助金の枠も、徳島県では2件あるかないかという狭き門。

 

応募される方は是非ご相談ください。

 

なお、この説明会は、徳島県よろず支援拠点と、

とくしま産業振興機構で実施しています。

徳島県よろず支援拠点の方も、ご利用ください。

http://www.our-think.or.jp/?p=288182

 

 

昨晩、念願のwebサイトが完成しました。

 

webサイトのトップページ

セミナーの紹介、支援実績、ブログを中心に、

内容を充実させています。

このwebサイトとブログとの連携を図って、

より多くの人に、僕の活動を理解していただき、

創業を考えている人や、経営をより強くしたいと考えている人

そんな人へのサポートを強化できればと思っています。

 

webサイト立ち上げに協力いただいた方々、

ありがとうございました。

僕が描いていたものより、はるかに充実したサイトができました。

そして、さらにより良くステップアップしていけますよう

今後とも、ご協力よろしくお願いいたします。

 

http://nagao-ms.com

事業承継補助金についても、

後継者承継支援型「経営者交代タイプ」(儀拭砲砲弔い

公募が開始されているのでお知らせいたします。

 

こちらは、公募期間がやや長く設定されています。

 

公募期間:平成30年4月27日(金)〜平成30年6月8日(金)
補助率 :1/2 または 2/3(小規模事業者)
補助金額上限:事業転換(事業や拠点の廃止)が無い場合
       150万円(または200万円(小規模事業者))
       事業転換(事業や拠点の廃止)が有る場合
       375万円(または500万円(小規模事業者))
となっています。

 

詳しくは、中小企業庁のWEBサイトを参照してください。
http://www.chusho.meti.go.jp/…/shouk…/2018/180427shoukei.htm

「地域創造的企業補助金」という名称で、

いわゆる「創業補助金」の公募が開始されています。

 

公募期間:平成30年4月27日(金)〜平成30年5月22日(火)
補助率 :1/2
補助金額:外部調達がない場合 50万円以上 100万円以内
     外部調達がある場合 50万円以上 200万円以内
となっています。

 

「事業実施完了日までに、計画した補助事業の遂行のために

新たに従業員を1名以上雇い入れなければなりません。」

など、注意する点もあります。

 

取り急ぎ、お伝えしましたが、

詳しくは、事務局のWEBサイトを参照してください。
http://www.cs-kigyou.jp/

 

 

 

三頭山「春のやまびこ山菜ウォーク」に。

先日、アースシップのゲストハウスを建てようとしている

倉科さんとお会いした際、

どうですか?と言われていたこの企画

 

息子にどう?と聞いたところ、

いいよ。と珍しく肯定的な返事。

じゃあ行くよ、と参加しました。

 

三頭山やまびこ山菜ウォーク出発前

 

行ってみると、100人を超える参加者。

今回のウォークは、今までで一番ハードです。という説明を受け出発。

山歩きの様子

そして、山の中に入っていく。

まずは、神社の合流地点へ。

山歩き途中の神社

ここからは、完全に山の中。

木を超えたり、木の下をくぐったり。

山の中をさらに歩く

山の中 続編

ガイドがいなかったら、迷います。

いい天気の中のウィーク

山を潜り抜けたら、快晴の田舎道。

到着したら、そばのふるまい

3時間弱歩いた後の、そばは格別。

 

徳島の山の中を歩く企画って、ありそうであまりない。

そう感じていた中で、いい企画でした。

 

仕事が続く中での、ゴールデンウィークの一時でした。

 

 

 

 

支援企業の、

六次産業化・地産地消法に基づく総合化事業計画の認定証授与式に

お招きいただいたので、出席しました。

 

美馬交流館 総合化事業計画認定式

美馬交流館。

「みまから」で有名なところです。

今までの「みまから」は青唐辛子を使っていますが、

赤唐辛子の製品を手掛けます。

 

美馬交流館 総合化事業計画 認定証

認定式後の意見交流会で、

「末端の事業の情報をつかむにはどうしたらいいのでしょうか?」

と問われ、

「それは、施策の情報を末端まできちんと届けることだと思います。

そうすれば、自然と末端の事業の情報が届いてくると思います。」

と偉そうに答えたのですが、

自分で言いながら、

そうか、自分のことでも、そういう事って思い当たるなと、

一人反省をしてました。

 

美馬交流館のwebサイトは、

http://www.mimakoryukan.our-awa.jp/

です。

 

名古屋にいってました。

目的は、斉藤和義のコンサート。
今回のライブツアーには、徳島公演がなかったところ、
一度、斉藤和義のライブを見たいという友人が、
名古屋の公演を誘ってくれたので、思い切って参加しました。
斉藤和義コンサート 名古屋
僕にとっては、いつもよりしっとり気味な曲構成かなと感じたのですが、
友人にとっては、「斉藤和義ってロックンローラーなんやな〜」
との感想でした。
「また行きたくなるわ。」
と言ってもらえたのはファンとしてはうれしい限りです。
純粋に自分らしく生きることは、今の世間を気にするとやりにくいけど、
今の世間だって変な世界なんだから、自分らしくやっていきなよ。
というメッセージと、
好きな人に嫌なことが起きないように願い、
純粋な好きを大げさな位表現する
愛のメッセージ。
それがテーマなのかなと感じました。
終わってからは、錦町で、晩ごはん。
とっても美味しい店に行き当って、満足。
名古屋での晩御飯 架昇 
酒工房 架昇 というところで 焼はまぐりなど。
架昇で食べた 焼はまぐり
この頃は、補助金申請のサポートが重なったりで、
日々とても忙しかったので、いい気分転換でした。
帰ってきたその足で、さっそく仕事。
仕事の方も、しばらく忙しそうだけど、
楽しみながら、充実させていきたいな。
コンサートの1曲をyoutubeで

昨年(動き出したのは、一昨年12月)、AWA AI Project という、

阿波藍の魅力を発信するチームを立ち上げています。

 

このチームの基本は、出口(売る側、企画する側)と入口(藍師、染師)を繋ぐ役割。

といっても、販売する商品は持っておきたい。

ということで、阿波藍本染めのネクタイができました。

 

阿波藍染め シルクネクタイ

 

シルクとウール。

シルク24,840円(税込) ウール15,120円(税込)

 

いい具合の風合いに仕上がっていますので、

藍を使って、さりげなくオシャレを楽しめます。

 

色落ち対策は施してありますが、多少落ちてワイシャツ側に付く可能性があります。

でも、通常の洗濯やクリーニングで問題なく落ちます。

 

もし、興味のある方、必要な方がいらっしゃれば、

私の方、またはAWA AI Projectのメンバー に連絡いただければ、対応させていただきます。

 

AWA AI ProjectのFacebookページはこちらです。

http://www.facebook.com/AWA.AI.PJ2016/

 

 

AWA AI Project ネクタイラインナップ

 

4月10日、turn tableに行ってきました。

turn tableは、東京、渋谷神泉に、今年2月にオープンしたばかりです。

徳島の情報発信が目的の施設ではありますが、

外観も、中に入っても、徳島という文字は、どこにも見えないけど、

徳島の素材や食を体験していただくことが目的の施設です。

 

turntable 入口

turntable  デッキ

 

「渋谷にできたと聞いてたけど、メッチャ遠くない?」

「宿泊の値段ちょっと高いけど、泊まる人おる?」

「徳島、全然売ってないやん?」

などなど、行く前は、ネガティブな情報が多く入ってきていました。

僕もそう感じ始めていた部分もあったのですが、

このような施設で、多くの人がそう発言する施設が、逆に珍しい。

(つまり、多くの人が、場所、見た目、値段とかで徳島をアピールする事を選んでいる)

一度見て、自分なりにturn tableを感じてみようと思っていたのでした。

 

行ってみてわかったこと。

場所は、奥渋という注目され始めているエリアで、渋谷からそこに行くまでの通りには、

お洒落な店が多くできていて、むしろ贅沢な場所。

情報に敏感な人がその辺には多く集まり始めているように思います。

 

見た目は、オシャレ。

けど、高級感はない。

徳島の文字はどこにもないけど、実は徳島だらけ。

 

お客さんが、その場所を、目的に合わせて自由に使っているイメージでした。

 

turntable 内観とそこからの景色

僕も、カウンターでジュースを買い、大きなテーブルで飲みながら、

後ろの窓沿いのシートに気付き、携帯の充電もしたかったので、

こちらに移動して座っていました。

 

turntable 内観

 

座っている間に、印象に残ったのは、

外国人の利用者が多いこと。

僕がいた、1時間ちょっとの間でも、何人もの外国人が利用していました。

宿泊客だったり、ドリンクを飲んだり。パソコンを触っていたり。

SNSとかで、ここいいよ って、広がっていっているんだろうか?

 

turntable 内観

奥の方にあるスペースに陳列してあるのは、

全部、徳島産の野菜や商品。

 

店の人とも、情報交換させていただきましたが、

まだまだ、やれることを模索しながらとのこと。

宿泊客の利用は、順調に増えてきているようだし、

今後、どうなっていくか楽しみな施設です。

 

奥渋の散策をしながら、

ここで一休み。

まずは、そんな使い方が、気軽でお勧めです。

 

turntable webサイト

http://turntable.jp/

 

 

 

 

 

アースシップの家が徳島にできる。

その発起人、倉科さんに会ってきました。

 

電気や水道を自給できる家。

地球にやさしく、災害に強い家。

世界中でその意義を認知され広がっている家。

けど、日本では認知度が異常に低い。

 

といっても、そもそも、僕もアースシップの事を全く理解できていませんでした。

 

それを、三頭山という、徳島県美馬市の山奥に建てる計画。

事業計画作成のお手伝いで、話を聞き始めたのですが、

建設は、世界中からたくさんの人が来て、キャンプしながら建てるんです。

壁や柱は、廃タイヤです。

それを手伝いに来たり、学びに来る人は、お金を払って参加します。

???

普通の建設原価の出し方、材料費、労務費、経費、外注費などの概念は全く通用しない・・・

 

それでも、説明を聞きながら、何とかコストを算出しました。

それが、倉科さんと話をした最初。

 

今回、倉科さんが、地域おこし協力隊として働いている「山人の里」で

その後の様子を伺いに。

その「山人の里」自体も魅力いっぱい。

2010年に廃校となった、重清北小学校を利用した施設。

山人の里 入口

創立百年の記念碑や、運動場と桜の景色も、

ノスタルジックな気分にさせてくれます。

重清北小学校 百年碑

 

重清北小学校 運動場

 

ここが、今年の秋からのアースシップのゲストハウス作りの拠点となります。

アースシップの創始者、マイケルレイノルズ氏も参加して建てられます。

 

倉科さん、昨年秋には、クラウドファンディングにも成功。

https://readyfor.jp/projects/earthship

 

2月末には、アメリカ、ニューメキシコ州タオスに、

アースシップハウスを体験しに行ってきたそうです。

外は、マイナス10℃を超える銀世界なのに、室内は20度で快適。

サンルームでは、木や植物がたくさん植わっていたらしい。

 

倉科さん自身、アースシップそのものは知っていたけど、

そもそもは、まず問い合わせをしようと、ホームページのボタンをポチっと押す勇気から始まった話。

今では、多くの人が協力を惜しまなくなっているのは、

その夢の大きさを、悠然と語れる倉科さんならでは。

 

おそらく、この年末から来年明けには、

田舎の徳島の山奥のこの地は、

想像もできない活気や夢が充満していることでしょう。

 

僕自身、今では、事業計画とかいう世界よりも、

ここで何かが始まろうとしているワクワク感でいっぱいになっています。

 

 


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

 

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM