「21世紀型シンデレラストーリー」のピッチコンテストがありました。

主催は、徳島ニュービジネス協議会です。

 

シンデレラストーリー 写真

 

女性のためのビジネスプランピッチコンテスト。

優勝すると、審査員である各創業支援機関や、報道関係、

そして、ニュービジネス協議会を構成している、

県内を代表する企業の先輩経営者からの支援が受けられます。

 

今回、この企画を紹介しようとfacebookに載せた時に残念なことがありました。

女性が起業するのは、おじさんの支援がないとだめだと勘違いしているんじゃないの?

県は企画を間違っているんじゃないの?

おじさんの固定観念をどうにかできないの?

といった類のコメントが戻ってきたんです。

 

このコメントを一概に非難する気はありません。

なぜなら、昨年の第1回に、この企画を始めて聞いた時、

似たような感覚を覚えた自分がいるからです。

 

でも、二つのことから、

この感覚が違うことに気づき、今はすごく応援したいと思っています。

 

一つは、

支援機関、報道機関、先輩事業者が支援するという価値。

優勝の賞として、お金を渡すだけのコンテストはいくらでもあります。

そのお金と、この支援の厚さとでは、どちらの方が価値があるのでしょうか?

同じ徳島県で行われる、ビジネスプランコンテスト「創生アワード」で、

そのコンテストに出場したプレゼンテーターが、

優勝していなくても、

その後、そこに参加していた審査員からの支援を受け、

ビジネスの機会を得ていることを見た時、

ビジネスプランコンテストの意味を理解したように思いました。

審査員は、ただ、プランを批判・批評するためにだけ出席しているのではなく、

そのプランがどうすれば育つか、その可能性はあるかという観点から聞き、

自分ができる支援は、惜しみなくする、

そういった姿勢で出席しているんです。

それは、私自身が審査員として出席する時の姿勢を正すきっかけともなりました。

報道機関や、先輩事業者についても同様です。

これをきっかけに支援を受けることは、大きなプラスとなります。

 

もう一つ。

この企画の発案者が、

まだ女性の起業が少なかった時代に起業され、

いい事業だねと周りのみんながいってくれていたのに、

なかなか花が開かず、苦労に苦労を重ねた女性起業者だと知ったからです。

時代を先取りし、持ち前のバイタリティで果敢に挑戦しても、

周りの支援がなければ、なんの売上にも結び付かない。

その方の悔しさを感じ、

この企画を考えた意味を知り、

この企画の「大事さ」がわかりました。

 

また、

ニュービジネス協議会の事務局職員が、

私が係っていたとくしま創業塾に、

この企画への応募をアピールしに来た時、

約50人いる塾生、ひとりひとりに丁寧にお願いに回り、

2時間30分たち塾が終わった後も、さらに応募のお願いをしている姿も見ています。

 

プレゼンテーションの内容は、

皆さん、自分の個性を出し、熱の入ったものとなりました。

立派なプレゼンテーション資料を作っている方も、

資料はなくても、必死で、自分の想いを届けようとしている方もいました。

 

審査会場でも、

点数は低くても、あの事業は応援してあげたい。

採点の評価項目を変えるべきではないか。

など、熱い議論となりました。

 

「このピッチコンテストは、続けていくんだ。」

という発案者からの意思表示がありました。

とても意味のある言葉だと受け取りました。

 

シンデレラストーリーのwebページです。

http://www.tnbc.or.jp/cinderella2.html

みま創業塾の神山視察に同行させていただきました。
yusan pizza 外観
サテライトオフィスや神山塾、元を辿ればアートインレジデンス。
県外からの移住者を中心に、起業が盛んな町として名を馳せています。
徳島市から車で50分程、人口は5000人に満たない
山あり川あり、自然に囲まれた田舎町。
でも、行くたびに、新しい店や、新しい取組があって、
魅力に溢れています。
まずは、Yusan Pizza でピザのランチ。
地元の野菜をふんだんに使った、ピザやドリンクで、
要予約のお店です。
yusan pizza
yusan pizza
yusan pizza
しずくプロジェクトは、
杉材を使った、薄い木材のかっこいい器が
有名な事業所。
shizqプロジェクト
昨年、あっという間に地ビール製造所を建てた
神山ビール
神山ビールからの眺め
サンサンや、えんがわオフィスなどのサテライトオフィスも、
もともとの建物をリノベーションで活かし、
素朴だけどカッコイイオフィスがあります。
かまやや、粟カフェにも立ち寄りました。
粟カフェ
豆ちよコーヒーは休みでしたが、
前と違ったディスプレイで興味を引きます。
豆ちよ
この町の取組は、初めから、これだけの事業所を集めることを
想定していたわけではないと思います。
小さくても強い思いを持ち、
できることから少しずつ。
そして、それに賛同する人、興味を持った人が、
だんだん集まり、今の形へ。
また、次の取り組みが初まり、さらに新しい何かが生まれていきます。
町全体でみると人口が増加している訳ではありません。
なので、完全な地域モデルではないかもしれません。
それでも、地域内外の方が、ここで何かを始める期待を持ち集まり、
実際に、どんどん変化していってる町です。
穏やかな良い天気にも恵まれました。
みま創業塾 神山視察

起業力養成講座 2日目

 

徳島大学の学生が、ビジネスプランの作成に、

取り組んでくれています。

 

ビジネスプラン作成実習2日目

 

学生ならではの発想に期待しています。

 

社会を知らない分、

純粋な考え方ができますし、

日頃、アプリに接する場が多いのでしょう。

アプリの開発なんかを、考えている班もあるようです。

 

どんなビジネスプランが出てくるでしょうか。

 

 

 

吉野川と眉山

ランニングをしながら。

 

しらさぎ大橋

しらさぎ大橋

 

冬の日の入り直後

冬の夕暮れの眉山

 

冬の3連休

穏やかで良い天気でした。

 

この連休中にあった出来事。
知らない携帯番号からの着信。
「もしもし、〇〇の妻です。
 年賀状をいただいて、連絡が繋がらないと書いてあったものですから・・
 主人の今の状況、ご存知ないかと思います・・・
 3年程前に、脳内出血を起こしまして・・・
 それから、病院に入って、なんとかリハビリも始めていますが、
 半身が動かしにくいのと、言葉がうまくは出てこないんです。
 その後、広島の実家でリハビリを進めています。
 主人が、話したいというものですから、替わります。」
「長尾は・・、元気に・・、しているの・・?」
こちらから、かける言葉に戸惑いながら、
お互いの共通項、「カープファン」の話題をふってみた。
「カープ、強くなったな。3連覇なんか夢みたいよな!」
「おう! 考え・・られん・・よな。」
そして、向こうから
「ちょーの・・、来るな。」
「おう、ちょーの来るな、楽しみよな。」
ちょーのが来る。
それは、僕にとって、
さらに大きな意味を持つことになりそうです。
一緒に、マツダスタジアムで見たいな。

恵比寿祭り。

 

去年から始めたブログの第1稿は、

この恵比寿祭りのことだったのを思い出しました。

 

恵比寿神社 徳島 本恵比寿

 

多くの方々との出会いから、

支えられている日々に感謝し、

本年も、そんな出会いに恵まれた年でありますよう。

 

みま創業塾の、最終日でした。

 

まずは、金融機関から見た事業計画の話。

日本政策金融公庫と徳島県信用保証協会から。

 

 

創業してからも、何が起こるかわからないので、

それも見越して、資金を確保しておきましょう。

 

そんな話でした。

実際に起業した方をみていても、

過大過ぎない程度で融資をきちんとしてもらった方が

良いことが多いように思います。

 

営業活動や、仲間作り、

協力事業者作りや、従業員確保などなど。

いろんなことをしないといけない、起業初期。

資金繰りの心配をしながらでは、思ったような活動ができません。

また、思わぬ出費も、多く見かけます。

 

後半は、塾生のプレゼンテーション。

やりたいことが、きちんとまとまっていました。

 

僕が、それぞれの発表者に伝えたのは、

どんなお客さんを求めているかを、もっと出して欲しい。

そして、できることから始めて欲しい。

そんなことです。

 

最後に、

参加者全員の、これからやりたいことを含めた自己紹介。

 

もともと意欲を感じられるメンバーが揃っていましたが、

高校生から、高齢の方まで、

全員が、やりたいことを、きちんと伝えられていました。

 

こういった起業塾で、刺激を受けながら、

参加前と参加後では、

気持ちの持ち方、考え方が、随分違ってきたのではないかと思います。

 

また、

僕の方も、たくさんの刺激をいただくことができました。

感謝します。

 

この経験が、今後に少しでも活かされることを、

期待しています。

 

お疲れさまでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人権研修「よりよい職場の人間関係づくりのために」。

心理学の話でした。

 

「原子価論」という言葉初めて聞きました。

個人のパーソナルの部分を「繋がり」から捉えるとのこと。

 

これだけでは、何のことかわからないですよね。

 

人と人とが繋がる手は、

依存、闘争、つがい、逃避、

の四つがあって、

それぞれの人に、どれか、最も強く活動する手があるそうです。

 

日本人では、依存の手が強く活動する人が最も多いとのこと。

強く活動する手が、依存、闘争、つがい、逃避、のどれかで、

それぞれの人に特徴が見受けられます。

 

闘争・・地位や名誉、成功によって評価されると信じている

つがい・・縦的関係より横的関係の重視

依存・・人の役に立ちたい願望

逃避・・人は人、自分は自分と考える傾向

など、

 

でも、それぞれのパーソナルが、

いいとか、悪いとかいうものではなく、

それぞれのパーソナルを理解することで、

安定した繋がりができるという、

そんな話でした。

 

人はそれぞれ違うので、

気の合う、合わないだけで考えがちでしたが、

今まであまり理解しようとしなかった、

自分と人との、物事の捉え方の差異は、

こういうことだったのか、と納得する部分がありました。

理論的にも、しっくりきました。

 

小畑千晴先生のお話でした。

 

武家屋敷野村家の茶室から見た庭

 

もう少し研究して、

起業セミナーでも、

ちょっと使ってみたいな。

 

(写真は、武家屋敷野村家の茶室から見た庭です)

 

 

 

 

新年

あけましておめでとうございます。

 

福井県での初日の出

2019年がスタートしました。

今年も、たくさんの方達と出会い、

そしてたくさんの挑戦ができればと思っています。

 

よろしくお願いいたします。

 

大晦日から、お正月にかけて、

福井、金沢、東京と巡ってきました。

 

福井は永平寺がメイン。

その前に、駅前の、

くずし割烹 ぼんた で

 

ぼんた店内

 

日本海の魚とおろしそばをいただきました。

 

ぼんた さかな

ぼんた おろしそば

 

カニも少しだけ。

ぼんた

 

ブリもでっかい。

ぼんた ブリ

 

 

そして、永平寺へ。

永平寺へは、大晦日ということで、

福井駅から永平寺まで、

21時台に3本の直行バスが出ていました。

直行バスで行く人が少なかったのにビックリ。

 

永平寺の開門は、23時。

22時前には着いてたので、

 

永平寺の入り口

しょうが湯のふるまいをいただいた後、

解放されている、小さな方の鐘を鳴らしに。

(といっても、この時には小さいとは思わないのですが・・・)

 

永平寺の鳴らせる鐘

永平寺 雪景色

 

そして、23時の開門に並びました。

 

永平寺

 

既に、多くの人が並んでいましたが、30分ほどで本殿。

 

永平寺

そこに行くまでに、

大きな鐘があり、

順番に、体格のよさそうな修行僧が、鐘を鳴らしていました。

ぐおーん

と身体の中まで響いてくる重低音です。

さすが、1年の煩悩を洗う感覚を味わえます。

 

翌日は、お正月。

今回宿泊した、福井マンテンホテル。

朝食バイキングの地元色が秀逸でした。

 

福井マンテンホテル朝食

 

これは、途中のPAからの日本海

金沢までのPAからの日本海

 

そして、金沢、兼六園へ。

お正月は、無料開放。

時折、雨にも降られましたが、

何とか、一周することができました。

兼六園

 

兼六園

兼六園


夕刻前には、金沢駅へ。

金沢駅

 

北陸新幹線に乗り、東京へ行きます。

ゆったりとした座席が快適です。

到着前の車窓には、

富士山も。

 

北陸新幹線からの富士山

 

東京では、

東京タワーが2019年の装い。

60周年だったっけ。

東京タワー 2019

 

1月2日のメインは、一般参賀。

 

その前に、品川プリンスホテル前で、

箱根駅伝を応援。

ほんの10秒の出来事でした。

集団があっというまに通り過ぎていくだけ 笑

箱根駅伝 品川プリンスホテル前

 

そして一般参賀。

平成天皇の、平成最後の一般参賀。

東京駅を出たとたんに多くの人の流れが。

9時30分過ぎだったのですが、

ここからは、ずっと待ち忍のぶのみ。

 

午前中3回の参賀の時間は過ぎていき、

午後の第1回も、まだ順番が来ない。

えっ、もしかして並ぶだけで終了になるの?

と不安がいっぱいになった13時30分ごろ、

やっと並んで待っていた列が動き出し、

一般参賀

 

二重橋をとおり門の中へ移動。

一般参賀

テレビでしか見たことのなかった宮殿前広場へ。

 

一般参賀 宮殿前

やがて、

天皇陛下がお出ましになり、

皇太子ご夫妻や、秋篠宮ご一家も並び手を振られます。

そして、天皇陛下のお言葉。

 

平和な時代の温和な平成天皇。

その締めくくりとしての言葉に、

重みを感じながら、感動を覚えていました。

(後の報道で知ったことですが、

例年は5回のお出ましを2回追加して7回にされたとのこと。)

 

4時間じっと待つのは、大変でしたが、

それでも、貴重な経験ができました。

また、外国の方も、結構な人数、参列していることにも驚きました。

 

帰りは、今日は特別通ることができるようにしているという、

乾門へ。

一般参賀 乾門

 

新しい年号になっても、

平和が続いて欲しいと何よりも思います。

今年の仕事、終わりました。

 

12月28日に、とくしま産業振興機構の仕事を納めた後、

29日に、来年のセミナーチラシの打ち合わせ、

 

バースブックカフェでの打ち合わせ

 

今日30日に、あったかビジネスの申請資料のヒアリングを行い

仕事終了です。

 

その後は、形ばかりの、書類整理。

 

今年も、多くの方との出会いで、

充実した1年となりました。

僕と関わっていただいた、

全ての方に、感謝します。

 

振り返ると、今年は、すべてのことが満たされた訳ではありません。

でも、それはそれで良いのかなと思えるようになりました。

 

これまでは、自分がやりたいことをやりきることが、

自分を充実させることだったのですが、

今年くらいから、

自分にとっては違和感が残っても、

時の流れに任せてみようと思うことが増えました。

 

自分どう考えても絶対に正しいと思うことが、

人にとっても正しいかどうかは、わかりませんものね。

 

来年も、活発に行動しながら、

多くの方との関わりを大事にしていきたいと思います。

 

急に寒くなって、

あったかい食べ物が、良く合います。

 

貝の酒蒸し

 

ちゃんこ鍋

 

良いお年を!

 

 

 

 

 

とくしま起業塾(応用編)最終日

 

とくしま起業塾

基礎編6回

応用編10回

の最終日です。

 

3ヶ月に及ぶ起業塾、

出席された皆さんも、

平井診断士も、

商工会議所や、徳島市の担当の皆さんも

本当にお疲れさまでした。

 

とくしま起業塾(応用編)最終日

 

この塾を通して、

僕や、平井診断士、そして関係者の皆さんが、

塾生さんに感じて欲しいと願っていることは、

 

小さなことからでも、動き出すヒントを掴んで欲しい。

そして、

仲間との繋がりを大事にして欲しい。

 

今回の受講生の皆さんは、

小さな強い繋がりが多くできている印象だったのですが、

最後の日となり、

大きく繋がっている様子が見てとれました。

 

また、

これからに活かせるヒントがありました。

と言っていただける方もたくさん。

 

終了してから、小1時間。

たくさんの話の輪ができていました。

 

ショートスピーチに勇気をだして挑戦した方達も、

開始時とは全く違うアピールができていました。

堂々と。

 

受講生の皆さんの変化を通して、

自分自身の成長や変化も、感じることができます。

 

数年前に、このとくしま起業塾の講師を始めた時と、

今の自分。

10月に、今年初めて講師をした時と、

今の自分。

それが変わっていることに気づけることも、

この塾の魅力です。

 

塾生たちの、成長した姿を、また見せていただきたいと

心より願っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM