アースシップの家が徳島にできる。

その発起人、倉科さんに会ってきました。

 

電気や水道を自給できる家。

地球にやさしく、災害に強い家。

世界中でその意義を認知され広がっている家。

けど、日本では認知度が異常に低い。

 

といっても、そもそも、僕もアースシップの事を全く理解できていませんでした。

 

それを、三頭山という、徳島県美馬市の山奥に建てる計画。

事業計画作成のお手伝いで、話を聞き始めたのですが、

建設は、世界中からたくさんの人が来て、キャンプしながら建てるんです。

壁や柱は、廃タイヤです。

それを手伝いに来たり、学びに来る人は、お金を払って参加します。

???

普通の建設原価の出し方、材料費、労務費、経費、外注費などの概念は全く通用しない・・・

 

それでも、説明を聞きながら、何とかコストを算出しました。

それが、倉科さんと話をした最初。

 

今回、倉科さんが、地域おこし協力隊として働いている「山人の里」で

その後の様子を伺いに。

その「山人の里」自体も魅力いっぱい。

2010年に廃校となった、重清北小学校を利用した施設。

山人の里 入口

創立百年の記念碑や、運動場と桜の景色も、

ノスタルジックな気分にさせてくれます。

重清北小学校 百年碑

 

重清北小学校 運動場

 

ここが、今年の秋からのアースシップのゲストハウス作りの拠点となります。

アースシップの創始者、マイケルレイノルズ氏も参加して建てられます。

 

倉科さん、昨年秋には、クラウドファンディングにも成功。

https://readyfor.jp/projects/earthship

 

2月末には、アメリカ、ニューメキシコ州タオスに、

アースシップハウスを体験しに行ってきたそうです。

外は、マイナス10℃を超える銀世界なのに、室内は20度で快適。

サンルームでは、木や植物がたくさん植わっていたらしい。

 

倉科さん自身、アースシップそのものは知っていたけど、

そもそもは、まず問い合わせをしようと、ホームページのボタンをポチっと押す勇気から始まった話。

今では、多くの人が協力を惜しまなくなっているのは、

その夢の大きさを、悠然と語れる倉科さんならでは。

 

おそらく、この年末から来年明けには、

田舎の徳島の山奥のこの地は、

想像もできない活気や夢が充満していることでしょう。

 

僕自身、今では、事業計画とかいう世界よりも、

ここで何かが始まろうとしているワクワク感でいっぱいになっています。

 

 

Chez Colette。

徳島県名西郡石井町に4月1日にオープンしたばかりのお店に行ってきました。

 

Chez colette 日替わり定食

オーナーは、創業塾の塾生。

その時から、場所はまだ確定はしていないけど、

4月1日にオープンしますと言い切っていました。

 

その時想定していた場所と違うところになりましたが、

それでも4月1日にオープンしました。

実行力がスゴい。

 

Chez colette デザート

 

フランス料理だけどカジュアルに。

そう言っていたのを覚えていたのですが、

実際来てみてわかった!

カジュアルなカフェにフレンチテーストがプラスされている!

 

なので、値段もリーゾナブルだし入りやすいです。

 

Chez colette 外観

 

次は、ガレット食べたいなと思っています。

 

店のFacebookページはこちら。

https://www.facebook.com/Chez-Colette%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88-1786186108353338/

 

カフェタイムに行くのも、良さそうだな。

 

 

 

 

今日から、新年度の業務が開始しました。

 

メインは、5年目となる、

とくしま産業振興機構の創業コーディネーター。

この創業コーディネーターのメンバーは昨年と同じです。

より多くの方に、このような創業のサポートがあることを知っていただけるよう、

日々、活動していきたいと思います。

周知の皆さま方も、引き続き、ご支援、ご鞭撻よろしくお願いいたします。

 

昨日、一昨日と京都で桜三昧でした。

京都、円山公園の桜

東寺と桜
天気も良く、暖かった事もあり、花見日和でしたね。

 

京都、木屋町通り

 

 

京都、円山公園 外の食事処からの景色

京都、塩小路通付近の桜小道

1本で存在感を見せる、かっこいい桜。

連なって奥行きの広さを感じさせる、美しい桜。

咲く桜。散る桜。

日光が降り注ぐ桜。

月夜の桜。

どの桜も、それぞれの魅力があります。

 

見る側も、それぞれの表情で。

楽しそうだったり、寂しそうだったり。

 

充実した、年度となりますよう。

 

 

 

年度末。

別れの時期でもあります。

とくしま産業振興機構で業務をしている立場もあるので、

お世話になった方が異動や退職で離れることになります。

お別れは、辛いですね。

普段は、忘れがちですが、様々なことが思い出されてくると、

多くの方の支えで、私の活動は成り立っているんだなと改めて感じます。

皆さん、次の場でも、元気で活躍していただきたいと強く思います。

 

そんな折、二つの良い知らせが。

今年度、支援させていただいた事業所の事業認定の報告が届きました。

一つは、

「六次産業化・地産地消法に基づく 総合化事業計画」 の認定

http://www.maff.go.jp/j/shokusan/sanki/6jika/nintei/

(有)美馬交流館は、あの「みまから」を製造販売している会社です。

「みまから」は青唐辛子を利用した商品、

赤唐辛子を使った乾燥唐辛子商品の販売を本格化させます。

 

もう一つは、

「中小企業等経営強化法に基づく 経営革新計画」 の承認

https://www.pref.tokushima.lg.jp/jigyoshanokata/sangyo/shokogyo/2017053100067

(有)笹木建築事務所は、藍住町の建築会社。

動画を利用して、品質保証や次世代の建築に携わる人材の育成を図ります。

 

昨年、総合化事業計画で支援させていただいた、

(有)石井養豚センター リーベフラウ を訪ねてみると、

その計画の柱、加工施設の竣工検査が行われていました。

リーベフラウ 加工工場の様子

この新しい加工場で製造した、

本場ドイツ仕込みのウインナーやハム。

早く食べてみたいですね。

リーベフラウ 加工工場から見た店舗

いろいろな事業の活動を支援させていただいている立場、

すごく、ありがたく感じています。

 

 

 

 

 

きもの婦久や にお話を伺いに。

 

桜の模様の着物が、目に入ったので撮影を。

桜模様の着物1桜模様の着物2

 

着物の季節感がいいですね。

 

徳島の中で、数件しかなくなってきた、

本格的な着物を扱う店。

価値のあるものを、誠実にその価値で売りたい。

そういう気持ちが、お話をしてて伝わってきました。

 

もっと多くの人に、本物の着物を見に来て欲しい。

でも、派手な宣伝は控えたい。

 

自分から生真面目過ぎるんです。とおっしゃる後継者さん。

でも、その真面目なこだわりを大事にして欲しいです。

あわよくば、その真面目さを、もっと人に知ってもらうことができたらな。

 

ホームページもリニューアルしたばかり、

https://kimono-fukuya.com/

 

立派な店舗で、入っていいのかなと思う人もいるかもしれませんが、

伝統を楽しむ感じで、気軽に立ち寄ってみてください。

 

今日は、眺めのいい仕事でした。

まずは、福村農園。

サラリーマンを退職した後、ブルーベリーを栽培。

蚊帳のようなネットを使って、無農薬で完熟のブルーベリーを出荷しています。

このブルーベリーを活かして、

ブルーベリージャムやブルーベリーワインも製造して、販路開拓中です。

福村農園さんのビニルハウス

 

福村農園さんのブルーベリー栽培

次は、八多町で地ビール工場を立ち上げようとしている

2nd Story Ale Works さん。

製造装置のほとんどが揃って来ていました。

5月中にはビールの出荷を開始する予定で進んでいるとのこと。

 

また、その工場からの眺めが素晴らしい。

2nd Story Ale Works からの眺め

こんなところで作るビール。

早く飲んでみたい〜。

 

途中、丈六寺の桜が咲き始めてきれいだったので、パチリ。

丈六寺の門の桜の風景

 

そこから、

Bilton Flower Designへ。

4歳から花屋になると決め、ロンドンで活躍してきたビルトンさんの

花の世界が広がっていました。

ビルトンフラワーデザインの店内

高級造花&ドライフラワー専門店。

クオリティの高い造花を、独創的にビルトンさんがアレンジしてくれます。

 

それぞれ、マッチング会や創業セミナーで知り合った人たち。

出会いに感謝です。

そして、美しい世界に囲まれた、仕事でした。

 

2nd Story Ale Works の facebookページは、

https://www.facebook.com/pg/2ndstoryale/about/

 

Bilton Flower Designの ホームページは、

https://www.biltonflowerdesign.com/

 

です。

 

 

 

 

 

3月25日、徳島マラソン。

雲ひとつないといっていい位の快晴。

徳島マラソン スタート前 快晴

 

徳島マラソン スタート前

徳島マラソン、何回めだろう。

7回目?

走り始めたのは、右ひざのお皿を、事故で割ってしまった手術後のリハビリで、

徳島マラソンを走るという目標を何となく口にしてから。

当時は、フルマラソンなんて、夢物語でした。

徳島マラソン 自分が走っている様子

 

徳島マラソンの特徴は、沿道の皆さんの応援の熱心さとおもてなし。

それと、吉野川の堤防沿いにすばらしい景色を見ながら走るところ。

(さすがに写真は撮れてないけど)
また、沿道で提供されるドリンクなども、メッチャ豊富なのも魅力です。
今回の特徴は、暑かったこと。
ただ、自分的には、走り込み不足で、足作りができていなかったので、
暑さよりも、足の疲れを何ともできませんでした。
25km過ぎてからは、歩くこととジョギングの繰り返し。
練習で、ロング走は何回かやりましたが、それ以上の距離を走るには力不足でした。
でも、なんとか完走。
そのまま藍場浜講演に移り、ランナーズオアシスでビールを飲んだりしながら楽しんでいました。
ランナーズオアシスの会場
走った後、ランナーズオアシスでビールを
暖かい日なので、外のビールが気持ちいい。
桜も咲き始めていました。
走った後、ランナーズオアシス 桜と新町川
会場では、ロンドンオリンピックの銅メダリスト、ウィルソン・キプサング・キプロティチさんや
谷口浩美さん、金哲彦さんを迎えた、知事によるトークショーも。
キプロティナさんは、東京オリンピックも狙うとのこと。
身近に感じて、応援してしまいます。
トークショーの様子 と 阿波尾鶏から揚げ
トークショーの様子
忘れてしまいがちですが、
こうやって、フルマラソンを走ることができる健康や周りの方のサポートに
改めて、感謝です。

 

 

3月22日は、経営革新計画審査への出席でした。

徳島県職員会館でありました。

経営革新計画の審査があった徳島県職員会館

 

支援企業のサポートをする立場としての出席。

審査される側での出席は久しぶりだった気がします。

このような審査の場に出席することは、審査委員になることも含めあるのですが、

こういう立場で出席すると、審査を受ける側の緊張がよくわかります。

 

口の中が乾ききってしまい、しゃべりにくくなる位緊張されていましたが、

精一杯、誠実さが伝わっていたのでOKに思います。

審査の方も、具体性があるかや、誠実な事業者かどうかを見ているように思います。

 

経営革新計画とは、

新商品や新サービスの開発や提供等に取り組む県内中小企業者等の計画を「経営革新計画」として承認し、様々な支援を行う制度。

これを受けることにより、

低利融資を受けることができるなどのメリットがあります。

 

審査結果の吉報を待ちます。

 

徳島県の経営革新についてのホームページは次にあります。

https://www.pref.tokushima.lg.jp/jigyoshanokata/sangyo/shokogyo/5005497

 

この支援事業者の事務所に行くと、

まずこのカレンダーに目がいきます。

 

相田みつをのカレンダー

 

毎月の言葉が楽しみでもあります。

 

「しあわせはいつもじぶんのこころがきめる」

のときは、タイムリーだったな。

3月15日は、徳島県、あったかビジネス事業の認定審査会でした。

 

あったかビジネス認定審査会

あったかビジネスとは、

創業5年以内の

創業者自身の特質を活かした、地域に社会に調和した事業を徳島県で認定する制度です。

認定されると、すだちくんのロゴ付きの認定書が送られます。

 

あったかビジネスのあったかには、
1人のあたたかい思いや共感のあるビジネス
2生まれたてのほやほやのビジネス
3そんな事業が「あったか」というユニークなビジネス

という3つの意味が込められているそうです。

 

僕の立場は、

このあったかビジネスの認定を受けようとする事業者の申請書づくりをサポートして、

認定のお手伝いをする立場。

この審査会では、審査員の方達に、認定を受けようとする事業者の事業の特質を説明します。

 

今年度4回目の審査で、今年度は最終の審査となります。

4回の中で、おおよ40件の認定事業者を生み出すことができました。

それは、もちろん僕だけではなく、

とくしま産業振興機構の創業コーディネーター全体での取り組みです。

 

商工会議所、商工会などの商工団体からの紹介や、

創業セミナーからの流れで、この認定制度に挑戦される人も増えてきています。

 

これからも、商工団体はもちろん金融機関や、市町村の創業担当者の方にも

このような制度を知って、紹介をしていただければと思います。

もちろん、創業者の方が、直接問い合わせいただいても大丈夫です。

 

興味のある方は、

とくしま産業振興機構のホームページ

https://www.our-think.or.jp/?p=2229

徳島県のホームページ

http://www.pref.tokushima.jp/faq/docs/00013208/

をのぞいてみてください。

 

僕の方に、直接連絡をいただいても大丈夫です。

 

 


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

 

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM